好感度がまったく違う!? 言葉を使わず男性に“気持ち”を伝える方法とは

Fotolia.jpg

 シャンプーを変えたら気分が上がったり、新しい香水をつけたらいつもと違う自分になったような気持ちになったり。『香り』を変えるだけで不思議と心が動いた経験はだれでもありますよね。他人に与える自分の印象も、まとっている『香り』の種類で別人のように変えられるのも面白いところです。「それまでなんの印象もなかった女性なのに、すれ違ったらいい匂いがして好感を持つようになった」と話す男性も少なくありません。なんでも、五感の中で嗅覚の情報だけが直接脳に伝達されるんだとか。

 それならば、効果的にその脳に響く「香り」を使って、気になる男性への自分の好感度を上げちゃいたいですよね。言葉を使わずに「香り」で相手を振り向かせられるかもしれません。

 そんな願望を持つ女性の間で密かに人気のアイテムが、LC(エルシーラブコスメティック)の「リビドー ロゼ」。通販のみで16万個以上を売り上げたんだとか。別名「ベッド専用香水」と呼ばれていて、なんでも男性の本能を刺激する香りなんだとか。男性の性衝動のスイッチをオンにするような、イランイラン、ミュゲ(スズラン)、ジャスミンなど合計80種類の香りが組み合わされ、まとうだけで女性の魅力がアップするんだそう。では、実際どれほどの威力が男性に発揮されるのか、使用者の声をみていきましょう。

 「『香りがやばくて。そのギャップにやられました』と告白された」と語る39歳の会社員女性。

「4月から、私の職場に新しい人が転勤してきました。彼は26歳。でも、見た目は落ち着いていて、もう少し上に見えました。同じチームになり、一緒に仕事をするようになり、近くで過ごすことが多いので、香水代わりにと思い、朝、リビドーのロゼを3プッシュだけつけるようになりました。私自身は、職場ではどちらかというと鬼上司的な立場? なので、少しだけ『女性だよ、一応……』というつもりで付けていたのですが……。

 一緒に仕事をし始めて、2カ月ぐらいたった2度目の飲み会の時、みんなでいい感じに2次会まで行って、そろそろお開きとなり、みんなで駅に向かって歩いていたら、突然彼に腕を掴まれ『え? え?』と戸惑っていたら、『ずっと抱きしめたいって思っていました。好きなんです』と。恋愛からしばらく遠ざかっていた私は、うれしいけど、半信半疑で。『信じられない! 何で?』と言うと、『かっこいいのに、香りがやばくて。そのギャップにやられました』と。思いがけない展開に、まだ頭がついていっていませんが、社内では内緒に、密かな恋愛関係になりつつあります」

 LCの「リビドー ロゼ」の香りが印象作りをしてくれたようですね。そして、「『またこの匂いだ』と言って、ギュっとしてくれました!」と語るのは大学生の彼を持つ21歳の女子大生。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. “もう終わった”イケメン俳優3人
  10. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  11. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  14. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  15. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  16. 他人の記事をパクるのはこんな人
  17. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  5. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!