嵐・相葉雅紀ら出演のMC番組がレギュラー化 生放送ならではの「本音」飛び出すか

20140201-aibachan.jpg
『トーキョーライブ22時』に出演する相葉雅紀。

【リアルサウンドより】

 3月31日から2週間限定でオンエアされた、テレビ東京開局50周年記念特別番組『トーキョーライブ!~23:58の生放送』が、10月から『トーキョーライブ22時』(毎週日曜21:54~)と名前を変え、レギュラー番組化されることになった。

 前回の放送では、平日月~金曜日を、小山慶一郎(NEWS)→松岡昌宏(TOKIO)→相葉雅紀(嵐)→堂本剛(KinKi Kids)→安田章大(関ジャニ∞)の順に日替わりでMCを担当。東京タワーに特設されたスタジオの雰囲気は生放送にも関わらず、まるで家にいるようなリラックスムードで、メンバーの衣装も部屋着。思わず素の表情が出やすいものだった。

 さらに、視聴者からの悩み相談を生電話で解決したり、夜の街でほろ酔いな人々の愚痴を聞いたりと、これまでジャニーズではあまり見られない手法で、視聴者とのつながりを感じられる番組というのが特徴だった。

 また、相談ごとを解決した際には、ごほうびとしてメンバーの好物が登場することも。柿ピーが出てきた小山は「ビールを!」と思わず本音が飛び出す一幕も。相葉は鶏の唐揚げを口に含みすぎて、タイトルコールにまごつくなど、ライブならではのゆるさが魅力だった。

続きはこちら

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク