噂の女"神林広恵の女性週刊誌ぶった斬り!【第237回】

小栗旬、“乱交”疑惑スキャンダルでつながった4年前の“あの事件”

yamadayi-jisin0916.jpg
「女性自身」9月30・10月7日合併号(光文社)

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

 昨日放映された『トリハダマル(秘)スクープ映像100科ジテン』(テレビ朝日系)。霊能者の透視で未解決事件に挑むというやつだが、つい見入ってしまった。オウム事件で批判に晒され一時は激減したこの手の番組が、勢いをまして復活する様を見ると、テレビ業界の節操のなさにうんざり。もし本当ならそれこそ拉致被害者の生死や居場所などを透視すればいんじゃないの? そんな勇気はないと思うけど。

第237回(9/11~16発売号より)

1位「山田優 夜遊び夫小栗旬からの“贖罪の出産祝い”は2.5億円新築豪邸!」(「女性自身」9月30・10月7日合併号)
2位「なぜ朝日新聞は叩かれているのか」(「週刊女性」9月30日号)
3位「安室奈美恵 『独立のため、私は戦います!』苦境で雇った“3人の刺客”」(「女性自身」9月30・10月7日合併号)

 やはり小栗旬は“持ってる男”だ。公開中の映画『ルパン三世』も10日間で興行収入は11億円超えるヒットとなり、その宣伝のためのテレビ出演多数で好感度はますます高くなるばかり。

 そしてベイビーに2億5,000万円の新居である。しかも小栗は至ってマイペースで、子どもができても飲み歩くだろうなぁ~なんて言ってるらしい。一方で最近では芸能界のタブーともいうべき俳優の労働組合構想を語ったり、“できる男”でもある。

 しかし気になるのが、先日「フライデー」(講談社)で報じられた“デリヘル疑惑”。さすが“持ってる男”だけあって、下半身スキャンダルも他メディアにさほど伝播することもなく、本人にとってもその衝撃は屁でもないかのようだ。

 しかし今回の「フライデー」報道を見て、どうしても思い出してしまうのが4年前に報じられた“あの事件”との関係性だ。2010年、当時小栗と山田は周囲からも公認のカップルだったが、そんな中「合コン美女ホテルお持ち帰り」事件が「週女」(10年3月2日号)で報じられたのだ。

 ホテルに連れの男性と共にチェックインした小栗は、一度1人で外出。そして合コンで美女をお持ち帰りするのだが、さらに別の男性を連れて部屋に入った。部屋には計4人の男女が滞在している。さらに今回の「フライデー」では美女10人ほどに囲まれて食事をした小栗は、同じ事務所の笠原秀幸を引き連れ高級ホテルへ。笠原にチェックインさせた後、“デリヘル嬢”とおぼしき美女2人が来て、1時間ほど部屋に滞在したという。

 なんだか、パターンが似ているのだ。小栗はいつも1人ではなく、別の男性を連れている。それがカモフラージュなら一緒に部屋に入るのは不自然だ。そして以前から囁かれている乱交好きといううわさ――。

 やはり仕事が絶好調でも、美人妻がいて子どもがもうすぐ誕生する予定でも、さらに豪邸まで建てても、“性癖だけ”は変えられないのか!? 「自身」記事にはまったく関係ないが、 あんなさわやかな顔で人望もあって、しかも“性豪”そして“複数プレイ”好きでそれを実行に移しているのだとしたら―――本当に無敵である。

 今後どんな渋くてエロい中年になるのか、ホント楽しみ。

『小栗が選ぶ都内ベストホテルマップ』の発行待ってます

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク