[連載]安彦麻理絵&田房永子「オンナの絵日記」

くすぶっていた感情の正体を見たり!! 安彦麻理絵&田房永子、女の人生分岐点

 女の荒ぶる激情や秘された感情を描き続ける2人の漫画家−−40代・子持ちの安彦麻理絵と30代で同じく子持ちの田房永子。女たちの喜怒哀楽と、そこからはみ出る感情をもつづる、2人の人生日記がスタート!

<9月1日 安彦麻理絵>

abikomarie20140902.jpg
(C)安彦麻理絵

 エイコちゃん、お元気ですか? ご無沙汰しとります。

 以前エイコちゃんに会った時に話した、10日間玄米メシだけで過ごす「七号食ダイエット」、私、先日、遂にやりとげましたよ!! いやー、かなりキツかったですわ。だっていくら「玄米以外にゴマ塩、梅干しは可」っつったって、10日もそんだけって、そりゃ飽きるわ!!

 とはいえ、キツかったのは私の「頭」だけで、「体」の方はなぜか「何コレ、超おもしれー!!!!」って、その状況をすっげー楽しんでる、みたいな、相当不思議な体験でした。
なにしろそれまでの私の食生活、ちょっとでも気持ちが乱れると、そのまま暴飲暴食に即突っ走りでしたからねぇ……。私の「頭」は「ふざけんな、玄米だけなんて冗談じゃねーよ、酒飲ませろ!!」って感じだったけど、当の「体」の方は「あ~~、酒抜けてラク~~~~~☆しばらくずっと、このままでいーよ♪」って言ってるみたいでした……そりゃそーだ。

 この「七号食ダイエット」、一応、ダイエットと言っとりますが、ハッキリ言ってあんましダイエットした気にならないダイエット法…点ってなんだかワケわかんない言い回しだけど、要するに「なぜかあまり空腹感を感じない」もんだから「あれ? アタシ今、ダイエット中なんだっけ?」って感じになるんだよね(ちなみにこの「七号食」って何よ? って思ってたら、これ、なんかマクロビ用語らしいっす)。で、体重自体は10日で2.5キロくらい落ちたんだけど(中年になると落ちにくいわ、やっぱ)、でもそれよりも、「メンタルへの影響」がデカすぎて、私相当、呪詛抜きされたかもしんない。

 なんか、頭ん中で今まで何十年もくすぶってた色んなもんが、一気に整理整頓されたような感覚を味わったとゆーか…………なーんて書くと、なんだかどーも「うさんくせー、きなくせー、たかだか10日でマクロビってんじゃねーよ!!」っていう感情が自分の中で湧いてくる。ヒネクレもんなんでね。キレイごとキライだしね。毒っ気抜けたら商売上がったりだからね。

 で、私、常々いつもいつも「なんで自分はこんなに酒飲み過ぎんのか???」って考えてました。ほんと、飲み過ぎなんです。家族がいるから外に飲みに行く事ってめったにないんだけど、でもそれでも家で毎晩飲む。しつこく飲む。二日酔いでも飲む。こんな事してたら、間違いなく体ぶっ壊れちゃうよーって、自分でもわかってるのに、それでも飲む。
ほんと、タチ悪いなーって思ってたんです。「酒を飲む理由」って、みんなひとそれぞれだと思うんだけど、私が飲まずにいられない理由ってなんだ?? って、いつも思っとりました。「うまいから」とか「ストレス解消」ってだけじゃじゃなくて、ホントーは、なーんかもーっと、根深く発酵してるもんがアタシの中にくすぶってる、って自分で思っとりました。でね。

 玄米ばっかアホみたいに食う日々を送ってると、トーゼン夕方になれば「あ~~~、酒、酒、酒、酒!!!!」になるわけです。で、「せっかく夜になったのに、なんで酒飲めないの!!?? あー、つまんないつまんないつまんないつまんない!!」って、ず~~~~っとイライラしてる。「ホントにもう、せっかくせっかく、つまんないつまんない!!!」って、頭ん中が「せっかく」と「つまんない」でもうパンパン。一体この発想はどっからくるわけ!? って、自分で眉間にシワ寄せて考えてみたんだけど、あと一歩ってとこでなんだか考えがこんがらかる。けど、ある時、便所で用足してる時にふと気が付きました(脱力してるような時ほどヒラメキ時)。

呪詛の正体に気づいた女たち

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  7. ムショ飯はうまいのか?
  8. 新春ジャニオタ放談
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  12. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  18. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  19. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  20. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 工藤静香、SMAP騒動に言及

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー