サイ女の「文壇ゴシップ劇場」

西村賢太、初長編が「全然売れない」! 『お願い!ランキング』出演も効果なし?

yamaidarenouta.jpg
『やまいだれの歌』(新潮社)

 2010年に『苦役列車』(新潮社)で芥川賞を受賞した西村賢太。受賞会見での「風俗に行こうかなと思ってた」発言をきっかけに、その個性的なキャラクターにも注目が集まった。同作は12年に森山未來と前田敦子出演で映画化もされて話題に。こうして一気に人気作家の仲間入りを果たしたと思われたが、『苦役列車』以降は売り上げが振るわず、7月に発売した初の長編『やまいだれの歌』(同)も散々の売れ行きという。

「初版の1万部がまったくさばけていないそうです。純文学の単行本で初版1万部というのはさすが芥川賞作家という強気の数字ですが、単行本だけで20万部売り上げた『苦役列車』と比べると、落ち目感は否めません」(書籍編集者)

 『やまいだれの歌』は、西村作品おなじみの、西村自身が投影された“北町貫多”が主人公の私小説。大ヒットした『苦役列車』に連なるストーリーのため、手に取る人も多そうなものだが……。売れない理由はどこにあるのだろうか。

「短編集の『歪んだ忌日』(同)や『棺に跨がる』(文藝春秋)など、“北町貫多シリーズ”は多数出版されています。今回の新刊を含め、どれもほとんど進化しない貫多のダメ男ぶりを描いていて、コアな西村ファンからは楽しみにされているシリーズです。しかし、それ以外の読者にしたら、あらすじを読んだ時点で『また苦役列車と同じようなストーリー?』と思ってしまう似たような内容のため、なかなか購入に至らないようです。また編集者間でも、『毎回、構造が同じ』『今回の新しさは“初の長編”というところにしかない』と辛らつな意見が交わされています」(同)

 こうした状況を受け、芥川賞受賞後から、芸能事務所・ナベプロに所属している西村は、『お願い!ランキング』(テレビ朝日系)に出演するなど営業戦略も取っているとか。

「残念ながら今のところ、テレビ出演は本の売り上げにはまったく効果がないようです。ナベプロのお笑いライブにまで出演したり、頑張っているようですが……。本人は『やっぱり私小説って売れないんだな!』と笑い飛ばして自虐に走っていますが、密かに傷ついている様子。暮らしぶりも結局、芥川賞受賞前からほとんど変わっていないようです」(別の編集者)

 芥川賞の受賞会見で、受賞後の自分も小説に書くかと聞かれ、「華やかなことは書けない。屈辱的なことじゃないと書いても意味がない」と語っていた西村。現状について書かれた作品は、いつか読める日が来るかもしれない。

「西村賢太はナベプロ所属」、これだけを味わう記事!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク