サイ女の「文壇ゴシップ劇場」

西村賢太、初長編が「全然売れない」! 『お願い!ランキング』出演も効果なし?

yamaidarenouta.jpg
『やまいだれの歌』(新潮社)

 2010年に『苦役列車』(新潮社)で芥川賞を受賞した西村賢太。受賞会見での「風俗に行こうかなと思ってた」発言をきっかけに、その個性的なキャラクターにも注目が集まった。同作は12年に森山未來と前田敦子出演で映画化もされて話題に。こうして一気に人気作家の仲間入りを果たしたと思われたが、『苦役列車』以降は売り上げが振るわず、7月に発売した初の長編『やまいだれの歌』(同)も散々の売れ行きという。

「初版の1万部がまったくさばけていないそうです。純文学の単行本で初版1万部というのはさすが芥川賞作家という強気の数字ですが、単行本だけで20万部売り上げた『苦役列車』と比べると、落ち目感は否めません」(書籍編集者)

 『やまいだれの歌』は、西村作品おなじみの、西村自身が投影された“北町貫多”が主人公の私小説。大ヒットした『苦役列車』に連なるストーリーのため、手に取る人も多そうなものだが……。売れない理由はどこにあるのだろうか。

「短編集の『歪んだ忌日』(同)や『棺に跨がる』(文藝春秋)など、“北町貫多シリーズ”は多数出版されています。今回の新刊を含め、どれもほとんど進化しない貫多のダメ男ぶりを描いていて、コアな西村ファンからは楽しみにされているシリーズです。しかし、それ以外の読者にしたら、あらすじを読んだ時点で『また苦役列車と同じようなストーリー?』と思ってしまう似たような内容のため、なかなか購入に至らないようです。また編集者間でも、『毎回、構造が同じ』『今回の新しさは“初の長編”というところにしかない』と辛らつな意見が交わされています」(同)

 こうした状況を受け、芥川賞受賞後から、芸能事務所・ナベプロに所属している西村は、『お願い!ランキング』(テレビ朝日系)に出演するなど営業戦略も取っているとか。

「残念ながら今のところ、テレビ出演は本の売り上げにはまったく効果がないようです。ナベプロのお笑いライブにまで出演したり、頑張っているようですが……。本人は『やっぱり私小説って売れないんだな!』と笑い飛ばして自虐に走っていますが、密かに傷ついている様子。暮らしぶりも結局、芥川賞受賞前からほとんど変わっていないようです」(別の編集者)

 芥川賞の受賞会見で、受賞後の自分も小説に書くかと聞かれ、「華やかなことは書けない。屈辱的なことじゃないと書いても意味がない」と語っていた西村。現状について書かれた作品は、いつか読める日が来るかもしれない。

「西村賢太はナベプロ所属」、これだけを味わう記事!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. ムショ飯はうまいのか?
  10. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  11. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 新春ジャニオタ放談
  14. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  15. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  16. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  17. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 薬丸裕英から家族すらも去った?

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー