人気のボブスタイルは「セットが厄介」!? きれいなボブのための究極のシャンプーとは?

bobstylee.jpg

 数年前、YUKIや木村カエラなどが火付け役になり巻き起こったボブブーム。今もその人気は衰えることはなく、女性のヘアスタイルの定番は、ロングからボブに移行したといってもよいかもしれません。人気の秘訣は、やはり同性からはもちろん、異性からも“親しみやすさ”を持たれやすいということ。ロングヘアでオンナを強調しすぎることなく、ショートでボーイッシュになりすぎることもない……そんなバランスのよさが魅力になるようです。

 しかし、ボブスタイルには欠点があります。それは「トップにボリュームがない」「髪につやがない」「毛先がパサついてまとまらない」など、きれいにスタイルを完成させるのが難しいこと。つるんとしたフォルムこそがボブの魅力なのに、バサバサでは魅力半減どころか、ただのだらしのない人、しかも老けて見られる可能性もあります。ヘアアイロンなどを駆使しても、結果的に髪を傷めかねないので、悩ましいところですよね。

 そんな、可愛いけれどなかなか手こずるボブですが、あるスカルプシャンプー1本で“魅せる”ボブスタイルが手に入る……といううわさをキャッチ。「モンゴ流シャンプーQuiotil(キオティル)」は、なんと「ボブをキレイに魅せる」をテーマにして作られたシャンプーなんだとか。巷にはさまざまな種類のシャンプーがありますが、特定のヘアスタイルのために作られたシャンプーはなかなか珍しいのでは?

 「モンゴ流シャンプーQuiotil(キオティル)」は自然派“アミノ酸”系シャンプー。日頃からカラーやパーマ、紫外線などでデリケートになっている女性の頭皮には、最適の洗浄成分なんだとか。特に、泡立ちのよい成分を配合しているそうです。また、「髪がキシむ」という悩みを解消すべく、自然由来のコンディショニング成分である「グレープシードオイル(ブドウ種子油)、加水分解ケラチン(羊毛由来)、ポリクオタニウム‐10(ヤシ油由来)の3成分が配合されているのもうれしいですよね。

さらに、16種類の天然植物エキス、2種類の果実エキス、4種類のオーガニックオイルが、髪に適度なつやを与え、まとまりやすい髪質に導いてくれるとのこと。やはり特別なシャンプーなので、使用方法は通常のものとは少し異なっており、「髪と頭皮をシャンプーの泡で3分間パック」するそうです。

 愛用者からは、「抜け毛と頭皮のかゆみがなくなった」「翌日の髪質、指通りがすごく良い!」という声も上がっているという「モンゴ流シャンプーQuiotil(キオティル)」。人は、相手を見るときに、まず“面積の広い部分”に目が行きがちですが、となれば、シミや小鼻の毛穴よりも、とりあえず髪をきれいにした方が印象度はアップするはず。「モンゴ流シャンプーQuiotil(キオティル)」でキレイなボブスタイルを手に入れ、若々しい見た目をゲットすれば、新たな男性との出会いも増えるかもしれませんね!

モンゴ流シャンプーQuiotil(キオティル)

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 西内まりや月9、酷評の嵐に
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  4. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  5. 「オワコン女優」認定の3人は?
  6. 江角と対照的、広田レオナの不倫報道
  7. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  8. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  11. 小雪『大貧乏』2週連続4%台の悲劇
  12. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. “消えたAKB48”河西智美は今
  15. 江角マキコのバックに超有能弁護士
  16. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  17. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  18. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  19. 『DASH!!』にまたしてもヤラセ疑惑?
  20. 薬丸裕英から家族すらも去った?

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  5. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 誰でもいいから義姉をもらって! デブでブスなプライド女を婚活イベントに強制送還!
  3. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. ビヨンセ、夫の浮気の怒りをアルバムにぶつける!
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ