【うわさの会見場から】

「これじゃ詐欺だろ!」婚約中の道端ジェシカ、記者会見でマスコミから怒号が飛んだワケ

2014jessica.jpg
『ジェシカの言葉 心の奥のもっと奥』(ポプラ社)

 6日に行われた『東京ガールズコレクション(TGC)』に、ウエディングドレス姿で登壇した道端ジェシカだったが、公の場ではお決まりとなった「結婚」に関する質問は、いつものごとくけむに巻いていた。ところが取材に訪れたマスコミ各社は、皆口をそろえて「詐欺だ!」と憤りをみせていたという。

 道端は今年2月、長年交際してきたF1ドライバーのジェンソン・バトンと、婚約を結んだことを認めている。

「ところが、その後出席した記者会見では、どんな切り口で結婚に関する質問をされても、ずっとのらりくらりとかわしていました。さらに、左手薬指には4,000万円以上とされる婚約指輪をしっかりとはめているのですが、カメラマンから『よく見せてもらえませんか?』とお願いされると、『いや、プライベートのことなので』と拒否するんです」(ワイドショースタッフ)

 10月には30歳を迎えることもあり、結婚秒読み状態と目されている道端。そして今回の『TGC』に先駆けて、事務局となったPR会社から、案内状とともにこんな“サプライズ営業”が各社に伝えられていたのだという。

「ズバリ当日のインタビューで、道端が自ら結婚を報告するというものでした。これまで、道端のそっけない対応に苦汁をなめさせられていただけに、特にレポーターやスポーツ紙記者は意気揚々と現場に赴きました。しかし報道の通り、『まだ全然決まってない』と相変わらずの態度。実際は、しびれを切らした記者が『近々結婚されるんですよね?』と話を振ったのですが、それでも道端の回答は『秘密です』。『これじゃ詐欺だろ!』と、会見後には罵声も飛び交っていました」(同)

 今回の一件に関しては「道端とバトン、さらにその所属事務所とPR会社間で行き違いがあったためでしょうが、それにしても“ウソ営業”はひどい。指輪披露拒否の一件を見ても、登壇時に指輪を外せばいいだけなのに……マスコミの道端への不信感は増していく一方です」(同)

 こうして取材陣の間では、単なる“かまってちゃん”と認識されつつある道端だが、話題としてはおめでたいことだけに、出し惜しみはこれくらいにしておくのがベターかもしれない。

お高くとまるのがオシャレっていうブームでも来てるの?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  9. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  10. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー