目に見えだした人気凋落

『AKB48じゃんけん大会』深夜枠格下げは当然!? 原因は“国民的”にあるまじき低視聴率か

jurina0919.jpg
捏造された奇跡だとしたら演技力が問われるね~(撮影=岡崎隆生)

 年に一度の恒例行事となった『AKB48じゃんけん大会』の詳細が発表されたが、優勝特典こそ「ソロデビュー」と、例年までの新曲センター権より豪華賞与となったが、フジテレビが行ってきた生中継は撤廃され、深夜枠の録画放送となった。

 じゃんけん大会は2010年にスタートし、12年からは3時間超えのスペシャル特番が、TBSやフジテレビで日本武道館より生中継されてきた。ところが今年は「BS スカパー!」では生放送されるものの、フジは深夜1時40分からの放送となり、さらには関東ローカルだという。当然勝負に関しては生ではなく、結果がわかった状態での放送となるだけに、世間一般向けというよりは、熱狂的ファンだけをターゲットにした仕様にシフトチェンジしたようだ。

「この“格下げ”に、ネット上では、ファンから『生じゃないと魅力半減』『国民的アイドルなのに……』といった意見も。しかしファン以外は、前田敦子、大島優子、篠田麻里子、板野友美など、知名度の高いメンバーがどんどん卒業してしまった今、『メンバーがわからない』という人も少なくない。よく知らないメンバーが、延々とじゃんけんをする……というのでは、視聴率は望めませんし、この処置は仕方のないことかもしれません」(芸能ライター)

 確かに昨年度の『じゃんけん大会』の視聴率は7.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、平均16.2%を記録した今年の『選抜総選挙』に比べると半分以下の数字だ。「そもそも12年の時点で、視聴率は8.7%と低調でした」(同)というだけに、今回の深夜枠格下げも納得してしまうところだ。

「昨年は、センター権を獲得した松井珠理奈が、全戦パーで勝利を収めたことから、ネット上では“ヤラセ疑惑”が噴出しました。CD売り上げは相変わらず好調ではあるものの、所詮は1人のファンが使う金額が大きいというだけで、マスコミの関心も年々低下しているのは事実。一時期は、AKB48のイベントに100媒体近くの取材陣が訪れていたものですが、昨年の『じゃんけん大会』は40程度と半減していたというだけに、今年はさらに取材媒体は減るでしょうね」(同)

 AKB48の凋落を物語るかのような、じゃんけん大会の深夜枠移動。ヤラセ説が真実だとすれば、センターデビュー権を得る者もすでに内定しているというところだが、果たしてファンや世間の興味をどれだけ引くことができるのだろうか。

ちょっとだけ、フジの「命知らず」を今年も期待してたよ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  2. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  3. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  6. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  7. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  8. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  9. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  10. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  11. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  14. テレビとギャップありなジャニーズ
  15. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露
  16. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  19. GENKING、元カレ質問で大失態
  20. 松潤の飲尿プレイ疑惑にショック

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  3. テレビとギャップありなジャニーズ
  4. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー