その他
【ジャニーズ研究会レポート】

「恋だけが光」Sexy Zone中島健人、恋愛論を語るうちにポエムが完成

jnakajima16.jpg
インタビュアーがどんな面持ちで聞いていたのかが気になる

【ジャニーズ研究会より】

<アイドル誌チェック!!>

 「POTATO」2014年10月号(学研パブリッシング)の表紙は、9月4日に幕開けとなった舞台『DREAM BOYS』に出演している、Kis-My-Ft2の玉森裕太・千賀健永・宮田俊哉、ジャニーズJr.の永瀬廉・平野紫耀・高橋海人の6人が飾っています。ファンの間では「ドリボ」というネーミングで親しまれている同作ですが、初演は2004年、滝沢秀明が座長を務めました。その後は、KAT-TUN亀梨和也が引き継ぎ、昨年から玉森が座長を引き継ぎました。今号では滝沢や亀梨はもちろん、当時はデビューすらしてなかったHey!Say!JUMP伊野尾慧やA.B.C-Zの河合郁人・五関晃一らがドリボへの思いや懐かしのエピソードを語っています。

 このように、あまたの先輩たちが学んできた同作に対して、今年出演する永瀬・平野・高橋の心意気はというと、揃いもそろって和みキャラということもあって、過剰な気負いは感じられません。玉森・宮田・千賀と6人で行った出演者座談会のページでは、先輩たちからの猛ツッコミが炸裂しています。

 たとえば、自分のことを「カイは~」と名前呼びすることで知られている……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク