処女だったアノ頃……セックスの夢と希望を思い出すTL2作品!

 まだセックスがどんな行為なのかあやふやだったアノ頃。友達の経験談や雑誌の投稿コーナーに興味津々でしたよね。初めては痛いらしい、付き合ってから2カ月はキス止まりにした方がいいらしい、などなど、当時はいろんな思いに頭がパンパンになっていたものです。今回は、そんな処女だったアノ頃を思い出させてくれるTLを2作品ご紹介します。

■「おとなりさん

otonarisan.jpg


 水無瀬なずなの隣に住んでいるのは、身長が高くて頭も良くてスポーツもできる、女の子にモテモテな大学生の東堂蒼。連日違う女の子を家に連れ込んではセックスしている東堂ですが、小さな頃から一緒に過ごした5歳年下のなずなにだけは手が出せません。いまだに毎日一緒にお風呂に入っては、「洗いっこ」を楽しむ2人ですが、セックスをしたことのないなずなはそれが性的なプレイとも知らず、「ナカも洗ってやるよ」という東堂の言葉や「オレのもキレイにして」というお願いを聞き入れるのですが……。

 正直いって、こんなカマトト女が実在したら大問題! 高校生にもなって、セックスがどういう行為なのか認識してないなんて、日本の性教育事情を考えてもあり得ませんからね。なーんて現実的な観点から読むと引っかかりがあるものの、作品そのものは「洗いっこ」「舐めあいっこ」というキーワードを元にエロく進んでいくので、セックスなんて知らなかったアノ頃のピュアな気持ちになれるかもしれません。

■「偽装結婚―本番Hなんて聞いてないッ!

gisoukekkonn.jpg

 ウエディング企画会社の社長を務める櫻庭真咲は、彼氏ナシの仕事一筋人間。親からのしつこいお見合い話を断るときに、思わず「結婚したい相手くらいいるんだから!」と言ったものの、だったら紹介しろと返され困窮します。困り果てた真咲は、秘書の松野智里を偽の婚約者として親に紹介することに。「バレないように『恋人ごっこ』をして訓練しましょう」と、なぜか松野はノリ気で迫ってくるものの、実は真咲は処女。「あんなに感じておいて処女だなんて驚きですよ」という松野にムカつく真咲ですが、そんな松野に婚約者がいるというウワサを聞いて嫉妬心が芽生え……。

 いわゆる“俺様系”の秘書が、ドSにリードするこの作品。実は処女だったという展開がいい感じに効いています。普段はドSなのに、女がピンチのときには誰より早く助けにきてくれるなど、女心を抑えたキャラの松野に注目です。

 「おとなりさん」「偽装結婚―本番Hなんて聞いてないッ!」は、ただいまコミックシーモアで配信中。処女を卒業してだいぶたつ方も、アノ頃のピュアな気持ちを思い出してみてはいかがでしょう。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. “もう終わった”イケメン俳優3人
  10. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  11. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  12. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  15. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  16. 他人の記事をパクるのはこんな人
  17. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  4. マンガ『ヅャニーさん』34回
  5. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!