ファンもガックリ!?

「新幹線ラブしちゃう?」イケメンバレー選手・越川優、W不倫&ハレンチチャット流出の悲劇

2014kosikawayu.jpg
越川優オフィシャルブログより

 人気イケメンアスリートの衝撃不倫劇が報じられた。10日発売の「週刊新潮」(新潮社)によると、男子バレーボールの全日本キャプテン・越川優が、つい先ごろまで20代の一般女性と“W不倫”の関係を持っていたという。昨年7月に、女性オペラ歌手と結婚した越川だが、それ以前に交際していたこの女性・夏美さん(仮名)とは、双方の結婚後もしばらく肉体関係を持ち続けていたようだ。

「越川は、“プリンス・オブ・ニッポンバレー”という肩書の通り、今年5月に全日本キャプテンに就任する以前から、実力だけでなく整った目鼻立ちで、多くの女性ファンの支持を集めていました。また産経デジタルが運営するニュースサイト『iza(イザ)』で、2008年の北京五輪に合わせて行われた投票企画『イケメン アスリート』では、越川はバスケットボールの五十嵐圭、体操の内村航平など有名選手を抑えて第1位を獲得しています」(スポーツ紙記者)

 しかし記事内で告発された越川の言動は、ファンにとっては衝撃だろう。夏美さんの知人によれば、夏美さんの夫は今年5月、車の中で京都のホテルの宿泊領収書を見つけたことから妻を問い詰め、越川の遠征時に関係を持ったことを認めさせたという。その時、夏美さんは「二度と関係を持たない」と謝罪したそうだが、その後疑心暗鬼に駆られた夫が夏美さんのiPadを覗いたところ、越川との赤裸々なチャット履歴が発見されたのだという。

 その内容はといえば、「新幹線ラブしちゃう?(笑)」(越川)「なにそれなにそれー(はぁと)」(夏美さん)といったものから、「泊めてくれる?」(夏美さん)「いーよ(笑)」(越川)など、人気アスリートの顔からは想像もつかないやりとりが掲載されている。

「このやり取りに関して、越川は『僕は記憶にない。誰かが僕を名乗ってやったのかもしれませんね……』と否定するも、夏美さんの夫は、『妻と越川さんとの間で交わされたやり取りなのは事実ですが、それ以上のことはお話できません』と認めています。現在は、夏美さんと越川の関係はすでに消滅しているそうですが、今回の報道は、19日に開幕する『アジア大会2014』を控える越川に悪影響を及ぼしかねません。なかなか成績を残せていない全日本男子のキャプテンがこの醜態とは、熱心なファンも怒り心頭では」(同)

 若手アスリートにしては珍しい、芸能人の不倫スキャンダルさながらの報道だが、まさに衝撃の裏側だろう。“W不倫”が世に知れ渡ってしまった越川だが、アジア大会でのプレーで名誉挽回を果たしてほしいものだ。

新幹線の身にもなってみろって話!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. “消えたAKB48”河西智美は今
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  14. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  15. ムショ飯はうまいのか?
  16. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  19. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  4. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング
  5. マンガ『ヅャニーさん』34回

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!