仁科友里の「女のためのテレビ深読み隔週報」

「同窓会禁止」「門限は21時54分」シャ乱Q・まことの妻への“束縛”は本当に愛なのか?

makoto_tominaga.jpg
シャ乱Qオフィシャルサイトより

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな芸能人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。

<今回の芸能人>
「最近、夫も腰なんかに手を回してくれないから」富永美樹
『櫻井有吉アブナイ夜会』(TBS系、9月4日放送)

 結婚生活の愚痴を言うのは、女同士の一種のレクリエーションだが、代表的な愚痴は、「夫の無関心」である。髪型を変えても気づかないというものから始まり、「帰りが遅くなったから駅まで迎えに来て」と言ったら「もうオバサンなんだから危なくない」と断られたというものまで、女性としての妻に興味がないという夫のエピソードは多い。

 その一方で、時々、妻の服装や行動に制限をかける“妻に関心ありすぎ夫”も存在する。一緒に暮らすと面倒くさそうではあるが、無関心夫を持つ妻の中には、そんな束縛夫を支持する人もいる。束縛をするのは、自分の妻は女性としての価値が高いと感じているからであり、愛があればこその行動、つまり「束縛=愛情」だと考えるようだ。

 しかし束縛夫は、本当に妻を女性として愛しているのだろうか。結婚16年目を迎える芸能界一の束縛夫・シャ乱Qのまことと、その妻である元フジテレビアナウンサー富永美樹を例に、考えてみたい。

 まことの束縛、干渉を具体例で紹介しよう。『私の何がイケないの?』(TBS系)などで披露されたのは、「同窓会禁止」「門限は21時54分」「胸元の空いた服とスカート禁止」「ワキなどの永久脱毛、ネイル、つけまつ毛、香水、ハイヒール禁止」「パンツはベージュ限定」。要するに、セクシーに女性らしく装うことと、男性と知り合う(再会する)行為は、一切禁止ということらしい。

 それでは、束縛夫・まことが見ていないところで、妻の富永はどのような行動を取るのか。9月4日放送の『櫻井有吉アブナイ夜会』(TBS系)は、富永美樹の“夜遊び”を追っていた。いつもは禁止されているノースリーブと黒の下着、ミニスカートで富永は夜の街に繰り出す。女性の友人2人と食事をし、その後、店員の男性が全員イケメンというイケメンバーに出かける。ダーツをする時、イケメン店員が富永の手や腰などに触れ、それを受けて、「最近、夫も腰なんかに手を回してくれないから」と発言したのだ。

 「腰に手を回してくれない」……この「くれない」という言い回しから、富永は「腰に手を回される」類のスキンシップをまことに求めていることがわかるが、同時に実際にそうされていないこともわかる。求めているスキンシップが、手に入っていないという意味では、富永は、世に多くいる無関心夫を持つ妻と一緒である。無関心夫は女性としての妻に興味がないので、結果的に妻の行動や外見に自由を与えるが、束縛夫・まことは、富永のこうした自由を奪って、ストレスを与えている。つまり、まことは束縛夫と無関心夫、両方の悪いところを持っていると言えるだろう。

 束縛夫とも、無関心夫とも言えないまことは、どのような夫か。それは「嫉妬深い夫」である。その嫉妬の対象は、妻を口説いてくるかもしれない男ではなく、妻に対してである。昨年放送された『私の何がイケないの?』で富永は、まことが富永の料理を絶対に「おいしい」と言わないと訴えていた(食べやすい、というそうである)。外食する時もメニューを見るのは、まことが先、まことが料理に手をつけるまで、富永が食べてはいけない。まことはメールができないので、富永も禁止と、まことは常に妻の“上”に立つことを望んでいる。上下にここまでこだわる場合、妻への極端な束縛も、愛とは感じられない。妻の“分際”で、おいしい目に遭うな、チャラチャラするなよという嫉妬に感じられる。

 嫉妬は誰もが持っている感情だが、それが表面化するきっかけは男女で違う。女の場合、「不安」がきっかけで嫉妬深くなるのではないだろうか。例えば、相手の男性と連絡が取れず、どこで何をしているかわからない……という。しかし男の場合、「不満」が原因となることが少なくない。人気ミュージシャンやお笑い芸人の妻が嫉妬深いと聞くことはあっても、その男側、夫が妻に対して嫉妬深いという話を聞かないのは、男側が現状に満足しているため、妻の行動に興味がわかないからである。

 男の妻に対する嫉妬深さは、俺は不当に扱われているという、被害妄想に似ているかもしれない。なので、自分をよく扱ってくれる人に目移りしやすく、浮気しやすいとも言える。嫉妬深い夫を持つ女性の皆さまに、「うちの夫は私のことが大好きだから大丈夫」と油断してる場合ではないことを、付け加えておく。

仁科友里(にしな・ゆり)
1974年生まれ、フリーライター。2006年、自身のOL体験を元にしたエッセイ『もさ子の女たるもの』(宙出版)でデビュー。現在は、芸能人にまつわるコラムを週刊誌などで執筆中。気になるタレントは小島慶子。
ブログ「もさ子の女たるもの

楽しんでるヤツが許せないって、重度の中二病の疑いアリ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク