[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

嵐からV6に司会交代!? 『NHK紅白歌合戦』、岡田准一&井ノ原快彦タッグで初出場内定?

okadajyunichi.jpg
なお、ひらかたパークは『紅白』ネタ便乗に向けて早くも始動(適当)

 8月27日に43作目となるシングル「涙のアトが消える頃」をリリースしたV6。昨年8月発売の前作「君が思い出す僕は 君を愛しているだろうか」は初週売り上げが5.4万枚でオリコン週間ランキングは3位だったが、今作はその記録を上回る初週6.1万枚を売り上げ、9月8日付の週間ランキングで2位にランクインした。

 同日にはAKB48の新曲「心のプラカード」が発売されており、こちらは初週100.6万枚とミリオンを突破。V6は強敵との戦いに敗れてしまったが、1995年11月発売のデビュー曲「MUSIC FOR THE PEOPLE」から20年連続でのトップ10入りという記録を達成した。そんなV6について、9月9日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)では、年末の『NHK紅白歌合戦』に「初出場する」と、早くも報じている。

「同誌によると、今年の白組司会は2010年から4年連続で務めた嵐が外れ、1月から放送されている大河ドラマ『軍師官兵衛』で主演を張る岡田准一が抜擢されるとのことで、総合司会には朝の情報番組『あさイチ』でMCを務める井ノ原快彦&有働由美子アナウンサーが登板するとか。さらにNHK関係者の話として『岡田さんと井ノ原さんの2人が司会として出演するのに、V6が呼ばれないのはおかしな話ですよね。ですから、今年はV6の悲願の初出場があると言われているんですよ』というコメントも掲載されています」(芸能ライター)

 『紅白』の“ジャニーズ枠”は、94年から長らくSMAP、TOKIOの2枠に限定されており、V6は99年にプレゼンターとしてゲスト出演し、「Believe Your Smile」を歌唱したのみ。しかし、09年に嵐とNYC boysが登場して2枠の慣例を突破して以降は、12年に関ジャニ∞、昨年はNYCと交代する形でSexy Zoneが参入し、合計5組が出場した。

「V6の『紅白』出演や井ノ原の司会者登板については、『あさイチ』がスタートした10年から報道が出ていたものの、これまで実現していません。しかし、V6のメンバーは同番組や『軍師官兵衛』だけでなく、長野博は『晴れ、ときどきファーム!』(NHK BSプレミアム)に出演していますし、今年4月からは三宅健がNHK Eテレで放送されている『みんなの手話』のナビゲーターを務めています。嵐は、NHKの番組との関連性が深いというよりは、人気・話題性から抜擢された印象ですが、V6の場合はNHKへの貢献度は十分。そういった意味でも行方が楽しみです」(ジャニーズに詳しい記者)

 また「週女」によれば、赤組の司会には連続テレビ小説『花子とアン』の準主役で『紅白』の司会経験もある仲間由紀恵が選ばれたという。岡田は昨年の同番組で審査員を務めたが、『あさイチ』や『軍師官兵衛』での貢献度を引っさげ、いよいよ『紅白』への本格出場となるのだろうか? 例年通りならば、同番組の司会者は10月中旬頃に発表される見込みのため、今後の動向に注目していきたい。

博のファーム番組もみんな見てくれよな!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. “もう終わった”イケメン俳優3人
  10. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  11. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  12. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  15. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  16. 他人の記事をパクるのはこんな人
  17. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  4. マンガ『ヅャニーさん』34回
  5. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!