優木まおみが“テクスチャー”に感動! 肌への願望を一手に受け止めるCCクリームの正体

yukimaomiCC.jpg
優木まおみオフィシャルブログより

 カンカン照りの夏が終わった今日この頃、ようやく過ごしやすい季節になったと思ったのもつかの間、ふと顔に手をやると、夏の紫外線にやられてガッサガサという事実に絶望――なんて人もいるのではないでしょうか? 肌が荒れると、化粧がうまく乗らず、崩れやすいもの。本当は、肌を休めるために化粧断ちしたいくらいなのに! と思いながら、「でも、この荒れ放題の肌を晒したくない」とさらに厚塗り厚塗りで、肌荒れ悪化という悪循環に足をつっこんでしまう場合もあるでしょう。

 そんな夏明け肌の悪循環に、今まさに足を踏み入れんとしているという人に、ピッタリのCCクリームを発見しました! その名も「プリズムCCクリーム」。タレントの優木まおみが「夜までメイク直しがいらない」とブログで太鼓判を押しており、美容意識の高い芸能人の間でも話題になっているアイテムのようです。

しかし、一般的にCCクリームは“薄付き”イメージの強いもの。それゆえに「そもそも肌がきれいな人向け」と思い込んでいる人も少なくないでしょうが、「プリズムCCクリーム」は、肌にトラブルを抱えがちな人こそ使うべきアイテムなのかもしれません。「ファンデーション」「化粧下地」「カラーコントロール」「毛穴カバー」「コンシーラー」「日焼け止め」「美容液」「乳液」という1本で8役の多機能ぶりで、“カバー力に優れ”“崩せない人の為のCCクリーム”だそうです。

 では、なぜ「崩れない」のでしょうか? それはオイルセパレートという、化粧崩れの原因になる、不要なオイルを揮発する構造が応用されているから。オイルの代わりに、スキンケア&エイジングケア成分が肌にピタッと密着するため、“付けたて”感がずっとキープできるんだそう。また、光の乱反射を利用したプリズム作用で、薄付きでもしっかりとカバー力を発揮してくれるのもうれしいですよね。

 また、優木まおみは、ブログで「すごく伸びが良くてとっても軽い着け心地」とそのテクスチャーに感動していましたが、愛用者の中にも、同じような感想を述べる人がいるようです。伸びがいいということは、1回の使用量が少なめに抑えられ、コスパ面でもお得ですよね。

 先日は、大阪の情報番組『やすとものどこいこ!?』(テレビ大阪)で紹介されたという「プリズムCCクリーム」。紹介後、一気に話題沸騰となり、売り切れになってしまった取扱店もあるそうです。肌荒れが気になり、「カバーしたいけど、スキンケアもしたい」という人、また夕方メイクが崩れてぐっちゃぐちゃという人、化粧に時間を割きたくないという人……などなど、さまざまなお悩みや願望を持つ女性を一手に受け止めてくれるCCクリームで、ワンランク上の美肌を目指してみてはいかがでしょうか?

プリズムCCクリーム

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. “もう終わった”イケメン俳優3人
  10. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  11. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  12. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  15. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  16. 他人の記事をパクるのはこんな人
  17. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  4. マンガ『ヅャニーさん』34回
  5. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!