その他
【ジャニーズ研究会レポート】

Sexy Zone佐藤勝利が編集長として企画したページに漂う、“残念”感

Sexy Zone佐藤勝利が編集長として企画したページに漂う、“残念”感

 「Myojo」2014年10月号(集英社)、まずはSexy Zoneのページから見ていきましょう。今号では、メンバーそれぞれが編集長となって、撮影内容からヘアメイクまで決定権を持った雑誌(誌面)づくりに挑戦しています。  菊池風磨は「UNTITLED」という雑誌を作り、セルフポートレートでカッコいいポージングからかわいらしい表情まで、自身の魅力をあますところなく切り取っています。「表紙用に選んだ写真は生意気な顔が俺らしくて気に入ってる(笑)」とのことで、確固たる美意識を持っている菊池は、プロのカメラマンの撮影より、セルフシャッターでの撮影の方が満足度の高い写真が撮れるのかもしれません。しかし、今回の撮影に限っては、「どうやってシャッターを押せばいいのかわかんなかったから、スタッフさんにサポートしてもらいながらやったんだけど、それがめちゃくちゃ恥ずかしかった」とのこと。次回は完全なセルフポートレートを見てみたいですね。...



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

Sexy Zone佐藤勝利が編集長として企画したページに漂う、“残念”感のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!