あのミランダ・カーもビックリ!? “痛いけど気持ちいい”がクセになる炭酸美容とは

rabera.jpg

 美の追求に余念がない海外セレブの美容法として注目を集め、人気が爆発している炭酸美容。そんな美容ブームに乗って多くの商品が流通していますが、その種類もさまざまで、炭酸パック、炭酸スプレー、炭酸洗顔など、そこら中が炭酸だらけです。それだけに、興味はあってもどれから手を出していいのかわからない人も多いはず。そんな人に、これならという商品を発見しました。それがこの強炭酸で話題の「D.スプラッシュ・ラベッラ」です。

 アットコスメで第1位を獲得し、楽天ランキングでも急上昇しているこの商品は、誰もがびっくりしちゃいそうな炭酸美容液。洗顔の後に手のひらにスプレーして、泡を手で潰してから肌をマッサージするのですが、実際に使ってみたところ、正直、最初はすごく痛いです。筆者がこれまで使った炭酸系のアイテムの中でも、ぶっちぎりの痛さといえます。この痛みの元は何かというと、肌を活性化させ血流を促進させるために含まれる、強い炭酸ガスによるもの。使って肌が痛くなる人ほど、肌に老廃物が溜まっている状態で、肌トラブルの予備軍なんだそう。1回使っただけで肌の状態がすぐにわかるのも、人気の秘密だと納得しました。

 確かに、使うことで肌が目覚めていき、痛みは“気持ちいい”に変わっていきました。 肌触りもスベスベで、毛穴も引き締まり、血色もよくなっている感じです。それもそのはずで、分子の小さい炭酸ガスが毛細血管まで浸透することで、血管が拡張し、酸素や栄養が末端まで行き届きやすくなり、シミ、シワ、たるみも改善してくれるんだそう。ターンオーバーが正常に近づくのを肌で実感できます。なんだか自宅で簡単なエステを受けているみたいですよね。

 さらに、この「D.スプラッシュ・ラベッラ」は、ヒアルロン酸やプラセンタエキス、コエンザイムQ10といったおなじみの成分から、レモンの約60倍のビタミンCを含むミルシアリアデュビア果実エキス、コラーゲン生成をサポートするオリゴペプチド24など、9種類の美容エキスをたっぷり配合。また、ブースター、化粧水、美容液、炭酸パックが一度にできるオールインワンタイプの炭酸美容液なので、忙しい朝も洗顔後にこれ1本で時短ケアができます。めんどくさがりやさんの人のメイクのノリも、しっかりアップしてくれますよ。

 渡辺美奈代をはじめとする芸能人や、エステティシャン、美容アドバイザーなど、美容にこだわる方にも愛用者が多い「D.スプラッシュ・ラベッラ」は全国のバラエティーショップなど500店以上で展開され、LOFTやドン・キホーテなどでは大人気で売れ行きもかなり良いのだとか。購入のしやすさも魅力の1つですね。

 炭酸美容の入門編に、簡単で毎日使いやすい「D.スプラッシュ・ラベッラ」を取り入れてみてはいかがでしょうか? あなたの肌にも、画期的な変化があるかもしれませんよ!

D.スプラッシュ・ラベッラ

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. “もう終わった”イケメン俳優3人
  10. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  11. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  12. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  15. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  16. 他人の記事をパクるのはこんな人
  17. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  4. マンガ『ヅャニーさん』34回
  5. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!