美談じゃなかった!?

「母親がクレーマー」安藤美姫、俳優志望・弟を売り込み報道にメディア戦々恐々の理由

2014andomiki.jpg
安藤美姫オフィシャルサイトより

 フィギュア引退からのタレント転向後、ネット上ではバッシングの対象になりつつある安藤美姫だが、今度は実の弟を芸能界デビューさせようと、テレビ各局に自ら営業を仕掛けているという。2日発売の「女性自身」(光文社)で、関係者によるさまざまな証言が掲載されている。

 安藤の弟・安藤幹純(もとよし)は現在24歳の俳優志望で、芸能プロダクション「サンミュージック」が経営するサンミュージックアカデミーに所属するレッスン生だという。6月に放送された織田裕二主演のスペシャルドラマ『奇跡の教室』(日本テレビ系)に、実は安藤とともにこっそり出演もしているようだ。

「そんな弟のために、安藤は親しいテレビ局関係者に『弟に仕事をください!』と営業中だそうです。しかし安藤といえば、実父の正体を隠すことを条件に各メディアの取材に応じ、また高額のギャラを要求することもあって関係者からの評価は最悪。さらにタレント転身後、7月に放送された『おじゃマップ』(フジテレビ系)では、やる気のないレポートが視聴者から『見ていて不快』というクレームにつながってしまい、収録シーンがお蔵入りになったといわれています。出だしから好調とはいえない芸能界デビューでしたが、さらに今度は家族までとあって、さらに批判が続出することが予想されます」(芸能ライター)

 安藤美姫の弟として売り出すことがプラスに働く状況ではないという。しかし、安藤にとって、また家族にとっても幹純はかわいい弟であることに違いないようだ。

「記事では安藤が、幹純から誕生日にプレゼントされたブランケットを持って試合に望んだところ、世界選手権で見事優勝といったエピソードも紹介され、弟への感謝の気持ちとして奔走していることもつづられています。しかし実際にネット上での安藤評は酷評に近く、またメディア関係者からは、本人以上に母親が厄介なクレーマーという情報も出回っているだけに、すでに問題児として認定する社も多く存在します。安藤が弟の仕事獲得に奔走していると報道されていますが、その黒幕が母親という可能性もあります」(同)

 昨年の引退後、相次ぐテレビ出演で“嫌われキャラ”が板につきつつある安藤だが、果たしてこの“姉弟デビュー”を事態の好転へとつなぐことができるのだろうか?

母、姉、娘……どのミキティも根深い

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. “消えたAKB48”河西智美は今
  6. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  14. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. 他人の記事をパクるのはこんな人
  17. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  18. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  19. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  20. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  5. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!