ブラ頼みはもう古い!? 「Aカップ→Cカップも夢じゃない」バストアップ成分を解剖

lachouchou01.jpg
Photo by Matt Gillman from flickr

 肌ケアやダイエットは女の定番トークですが、どんなに気心が知れた友達とでもなかなか話にくいのが「バスト」についてのお悩み。バストへのコンプレックスは根深いもので、「どうして私だけ胸が小さいの?」「彼氏にも引かれているかも」など、切実すぎる思いを誰にも告げられず、1人きりで悩んでしまいがちです。

 そもそも、遺伝の影響もあるといわれるバストの大きさ。それでもあきらめきれずに、バストアップ体操やブラ選びに力を注いできた人もいるでしょうが、なかなかに労力を必要とする行為のため、「3日坊主で終わった」なんてことも多々あるはず。

 そんなバストにお悩みの女性の間で、「こんな意外な方法があったんだ!」とにわかにうわさになっているのが「ラシュシュ」。「Aカップ→Cカップも夢じゃない」というこのアイテムは、美乳成分であるボルフィリンという成分が含まれたクリームを直接胸に塗ることで、胸の部分の脂肪を増やす……といったコンセプトで、簡単にバストアップが目指せるそう。また、セサフラッシュというゴマ由来の成分も配合されており、バストにストレッチ効果を与え、美しいハリと潤いのあるバストを育てるサポートをしてくれるといいます。ストレスや睡眠不足で肌がガッサガサ、しかもバストが乏しいという女性にとっては、願ったりかなったりのアイテムかも?

lachouchou02.jpg

 実際に使用した95%の人が、バストアップや肌の潤い、弾力の向上を実感しているという「ラシュシュ」。使用方法は、血行がよくなるお風呂上がりがよいそう。「わざわざ服を脱いで塗るのもめんどくさいな~」という超面倒くさがり屋にもピッタリの仕様になっているのはうれしいですよね。愛用者の中には「Aカップもなかったのに、ハリと弾力が出てきた」「手触りがもちもちになって驚いた」といった感動の声も出ているそうです。

 しかも、クロエの香水を参考にした香りがつけられているそうで、バストアップ・手触り・ニオイの3つが一挙にかなうかもしれないというのは、おいしいですよね。しかもこの3つの利点は、対男向けのバスト作りという点では“向かうところ敵なし”となる可能性大。今まで、バストへのコンプレックスから、ブラを外すのすら億劫……と感じていた人には、一度チャレンジしてみる価値はあるかもしれません。

 すでにバストケアに注目している人の間で話題を呼び、「アットコスメ1位」「楽天ランキング1位」を獲得した「ラシュシュ」。もうバストアップはあきらめたという人も、最後のチャレンジと思って、使ってみてはいかがでしょうか。

ラシュシュ

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. ムショ飯はうまいのか?
  9. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  10. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. “消えたAKB48”河西智美は今
  13. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  14. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  15. 新春ジャニオタ放談
  16. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 他人の記事をパクるのはこんな人
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー