その他

土屋太鳳「自然と紙を食べていた」 ― 人が人でなくなる瞬間を演じきった演技派女優『人狼ゲーム』インタビュー

【不思議サイト「トカナ」より】

TAO126.jpg
撮影:河西遼

 2015年前期のNHK連続テレビ小説『まれ』のヒロインに2020人の中から抜てきされた女優・土屋太鳳。現在土屋は『花子とアン』に主演の吉高由里子の妹役で出演中で、過去には、大河ドラマ『龍馬伝』、朝ドラ『おひさま』。ほかにも、『鈴木先生』『るろうに剣心』『リミット』など話題作に多数出演している。

jinromain.jpg

 まさにブレイク中の彼女が、映画『人狼ゲーム ビーストサイド』(8月30日公開)で、殺人鬼・樺山由佳(人狼)役に挑戦している。監督は、ベルリン国際映画祭で最優秀新人作品賞を日本人で初受賞した熊坂出氏だ。

 ストーリーは、突然ある場所に集められた10人の高校生たちが「人狼ゲーム」に強制参加させられるところから始まる。土屋演じる「人狼」カードを与えられた由佳は、ゲームの参加者を1人ずつ殺してくことに興奮を覚えていくのだが…!

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク