【うわさの会見場から】

May J.、「レリゴー」歌わず! イベントで『アナ雪』『紅白』を徹底排除の怪

2014mayj.jpg
『Heartful Song Covers』/rhythm zone

 歌手のMay J.が28日、東京・千代田区の法政大学で行われた「ネスレ キットカット」のイベント「受験生応援キャンペーン2015」に登場した。大ヒット中のディズニー映画『アナと雪の女王』のエンドソング「Let It Go~ありのままで~」を歌い、一躍時の人となったMay J.は、「ディズニー映画の主題歌を歌うという夢を叶えた」という立場から、大学受験を控える高校生にエールを送る「受験生応援アーティスト」に就任。特別講義などを行った。

 May J.といえば、同曲のヒットで歌番組などの露出が増えた。しかし同時に、劇中でエルサ役の声優を務め、「Let It Go」を歌っている女優の松たか子と比較されて叩かれたり、オリジナル曲でのヒットがないことから「カバーソング芸人」と揶揄されるなど、アンチも激増中だ。

 また6月の時点で、年末の『NHK紅白歌合戦』について、「スケジュールは今から空けています。手帳には仮で『紅白』と書いています」と発言したことで、「聞きたいのは、松の『レリゴー』なのに」とさらにアンチの反感を買ったほか、全国ツアーでも『アナ雪』人気にあやかった「May J.Tour×アナと雪の女王Tシャツ」(5,500円)を発売したことも批判を浴びていた。本人もこの風潮に少なからず悩んでいる様子で、8月10日放送の『情熱大陸』(TBS系)では、全世界で劇中歌とエンドソングの歌い手が違うと主張し、「それを理解されていないのが、すごく残念」と話していた。

 今回のイベントでは、このようなネガティブな匂いを封じ込めるためか、May J.側が『アナ雪』を不自然に排除している様子が見られたという。

「『アナ雪』のヒットありきで選ばれた『受験生応援アーティスト』の座だったはずが、この日に受験生の前で歌った曲は『Believe』でした。これもオリジナルではなく、合唱曲のカバーなんですが。当然、集まった高校生も、『レリゴー』を聞きたかったはずですよ。またMay J.は、今後の夢を聞かれ、『今はうまくいかないこともある』と前置きし、『多くの人に歌を通じて笑顔を届けていくことです』と語っていました。今までなら、ここは『紅白出場!』と答えていた場面だと思うのですが……」(ワイドショー関係者)

 当日は、ASKA被告の初公判だったことから、マスコミもまばらだったという同イベント。世間からの逆風にMay J.も、ついに「ありのまま」ではいられなくなってきたということだろうか。

「レリゴー」は誰のもの闘争が第2章に突入

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  7. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  8. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  9. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  10. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  11. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  12. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  13. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  14. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  17. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  18. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  19. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  20. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  5. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに