また脱いだ!!

「AKB48の手ブラ飽きた」大島優子、“全裸に見える”過激写真集にブーイングの理由

teburayuko.jpg
『脱ぎやがれ!』(幻冬舎)

 元AKB48・大島優子が、9月18日に発売する写真集『脱ぎやがれ!』(幻冬舎)で披露したセミヌードの表紙カットが、ネット上で物議を醸している。今年6月にAKB48を卒業後は、CM出演をメインに主だった仕事はセーブしていた大島だが、このタイミングでの“脱ぎ仕事”に世間は冷たい視線を向けているようだ。

 同写真集の表紙は、「脱ぎやがれ!」という手描きのタイトル文字に、海中で笑顔を見せる大島が、両手でバストトップを隠しているというもの。撮影は今年7月、スペインにて行われたそうで、カメラマンは「ヘビーローテーション」のPV撮影も務めた写真家の蜷川実花氏。タイトルは、写真を見た秋元康プロデューサーによって命名されたのだという。

 こうしたセクシーショットはAKB48時代にも披露されているが、ネット上では、表紙が全裸に見えることもあってか「脱ぎ仕事って、なんか落ちぶれた感じ」などと、あまり受け入れられていない様子。さらに「AKB48って手ブラ好きだよね」と、前田敦子や小嶋陽菜、また卒業後の河西智美と、かつて手ブラショットを披露したメンバーと比較する意見も出ている。

「国民的アイドルが手ブラを披露するということで、その都度話題にはなるのですが、正直もうそこまでの衝撃度はないようです。ネットユーザーからは『またか』といった声も聞こえてきます」(芸能ライター)

 近頃では、宮沢りえ主演映画『紙の月』への出演も話題になっている大島だったが、AKB48時代に比べると極端に露出が減っている。卒業直後には新パチンコ台の発表イベントにサプライズ登場。「わずか10日足らずの復活」には、微妙な雰囲気が漂っていたが……。

「あえて露出を絞ることによって希少価値を高めた上で、なにか大きな仕事をする……というのは、芸能界での常套手段。大島にとっては、それが今回の写真集ということなのでしょうが、同じ手法で女優活動を展開した前田敦子の様子を見ると、本筋よりも尾上松也との交際をめぐる話題ばかりが先行して、あまりうまくいっているとは思えない。もともと女優業に関しては、前田よりも大島の方が業界票を集めていたため、写真集ではなく、まず主演ドラマ・映画の仕事をした方がよかったのではないでしょうか」(芸能プロマネジャー)

 「有名人のセミヌードは一定の売り上げが約束されている」とは業界の定説だが、売り上げが今後の人気には結びつかない危険性もはらんでいるだけに、今後の大島の活動に注目が集まる。

国民的手ブラ芸人への飛翔……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  12. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  13. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  14. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  15. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  16. 他人の記事をパクるのはこんな人
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  19. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  20. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. マンガ『ヅャニーさん』34回
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!