【隔週刊】さざ波ニュース

「冷やし中華が不味かったので80%残した」大木凡人のブログがどことなく恐いワケ

ookibondo.jpg
大木凡人オフィシャルブログより

 テレビ&芸能ウォッチャー界のどぶさらい・佃野デボラが、誰も取り上げない、語るに値しない些末なニュースをソムリエ感覚でご提案します。

 諸事情により2カ月ほど「頭がモロッコ行っちゃって」((C)石原真理子)お休みさせていただいた当コーナー。8月中旬から下旬にかけてのしょーもなニュースを携えて、恥ずかしながら帰って参りました。

■第3位 凡ちゃん、すごくまずい冷やし中華に当たる

 「以上です、編集長!」でおなじみの……っつっても、わっかるかな~、わかんねえだろうな~平成世代には。しかもその「編集長」って、亀和田武のことだからね。わっかるかな~、わかんねえだろうな~……。そんな大木凡人こと、65歳のおかっぱ眼鏡おじさんが「あれが美味しかった」「あれが面白かった」「あそこに行きました」と、ひとつの笑いどころも含蓄もないままに、小学生の夏休みの絵日記よろしく日々の出来事を綴っている「凡ちゃんブログ」が熱い。同ブログ8月24日のエントリーにて、凡ちゃんが憤激している。

《暑いので冷やし中華を食べたらすごく不味かったので80%残して 別の店でつけめん麺を食べました 濃厚なつけ麺をたっぷり付けて食す 旨かったです》

 冷やし中華をまずく作るって、新米主婦でもなかなかできないわけだけれども、そこはこの際どうでもいい。なんか恐い。見せしめとして掲載している2件目のつけ麺の画像が、麺の丼から汁の丼にタラ~ッと麺がたすきがけされているショット(撮影者の愛情ゼロ)で、1件目のまずい店に対する怒りがひしひしと伝わってくる。なんか恐い。タイトルを《夏はつけ麺!冷やし中華!どっち派?》と精一杯ポップにすればするほど恐い。ちなみに凡人パイセンは極真空手の黒帯で「芸能界最強」の伝説を持つ男である。1件目の店主の安否が気になるところだ。

■第2位 RIKACO、例の「KNKSG」の症状がまたもや……

 今年1月にも紹介したRIKACOの更年……もとい、「さざ波ニュース」では「KNKSG」と呼ばせていただいているアレ。RIKACOのブログ名物、アレの症状にまかせて薄っぺらい人生訓をぶるという、おなじみのコーナーがこの夏もやってきましたよ。8月12日、朝7時53分の更新であります。中目黒あたりで飲み散らかした挙げ句の朝帰りなのかな。タイトルは「正直に生きる」と。はやりの『アナ雪』の「レリゴー(ありのまま)」にでも感化されたんでしょうか。

《うそを上乗せして生きるほどツライもんはないなー》《不安でも 自信がなくても プライドを捨てて 正直に生きることが 大事だと思う。》

 見事な薄っぺらさだ。ちなみに、今年1月に起こった同様の症状(1月27日更新)から、28日ごとにカレンダーに丸印を付けていくと、“その日”に当たるのは8月11日。当該エントリー更新日の1日前であった。どうだい? 人様の生理周期に丸印を付けている当コーナーの筆者、クズ中のクズだろう?

デブレポーターの人間関係を苦に痩せたんじゃ?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. ムショ飯はうまいのか?
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 工藤静香、SMAP騒動に言及

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー