元気がありすぎの罪と罰

アントニオ猪木「浮気で3度めの離婚」に呆れ声! 北朝鮮との蜜月は「慰謝料払うため」?

2014inoki.jpg
『踏出力。』(創英社)

 アントニオ猪木参院議員が、米国に住む22歳年下の妻と“極秘離婚”していたことを、28日発売の「週刊新潮」(新潮社)が報じている。

 猪木は1989年に、22歳年下の尚美さんと3度目の結婚を果たし、翌年には男児が誕生。しかし「新潮」によると、一人息子が成人したこともあって、猪木は2年前の11月末に尚美さんと離婚していたという。

 猪木は2011年、「女性自身」(光文社)に、当時52歳のカメラマン女性との“お泊まり愛”をキャッチされているが、この一件が原因で猪木夫妻は離婚になったようだ。この女性は、もともと猪木ファンの一般人だったというが、猪木が会長を務めるプロレス団体「IGF」の役員を務め、また昨年までは公設秘書の肩書も有していたという。現在、猪木とこの女性は都内のマンションで半同棲状態にあるというが、本人は同誌の直撃取材に「ハ、ハ、ハ。なんでそうなるんだ。再婚なんてするわけないだろう」と一蹴している。

「猪木は御年71歳。ネット上は、このニュースに対し、『この年になって浮気って……』『元気ありすぎだろ』などと、呆れ返ったコメントであふれ返っていますよ」(芸能ライター)

 「新潮」が2年前の11月末に離婚成立と報じた一方、スポニチの取材では、離婚が成立したのは昨年秋頃として、関係者は猪木と元妻の関係は「完全には壊れていない」と明かしている。

「北朝鮮との蜜月関係はかねてから知られる猪木は28日、同国で開催するプロレスイベントのため日本を出国。近年になって訪朝回数が増加しているようです。近い関係者によれば、訪朝に際しては毎回破格のギャランティが発生することから、『離婚の慰謝料を支払うため、お金が必要になったのでは』と見られているとか」(週刊誌記者)

 昨年の参院選で国政復帰後も、参院議院運営委員会からの許可が下りないまま訪朝を実行して、登院停止30日の処分を受けるという騒動を起こした猪木。今回の離婚・女性スキャンダルで、さらに世間から厳しい視線を向けられそうだ。

引田天功と縄張り争いしてなきゃいいけど

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 新春ジャニオタ放談
  6. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  7. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  8. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  9. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  10. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  11. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  12. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  13. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  14. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  15. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  16. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  17. “もう終わった”イケメン俳優3人
  18. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  19. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  20. 婚約中の浮気も不倫と同じ?

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 「捨てられる妻」の典型とは?
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー