『なんかおもしろいマンガ』あります ~女子マンガ月報~【8月】

女子マンガに登場する「不倫」する女たち——『あなたのことはそれほど』『おんなのいえ』

 女子マンガ研究家の小田真琴です。太洋社の「コミック発売予定一覧」によりますと、たとえば2014年7月には1,018点ものマンガが刊行されています。その中から一般読者が「なんかおもしろいマンガ」を探し当てるのは至難のワザ。この記事があなたの「なんかおもしろいマンガ」探しの一助になれば幸いであります。今月は諸事情により短縮版です。

【話題】誰かの不幸の上で幸せになるのはとても難しいわ——不倫マンガのどす黒い魅力

hurinmanga.jpg
(左)『あなたのことはそれほど』2(祥伝社)、(右)『おんなのいえ』4(講談社)

 不倫がバレたら「好きな人と出会いました」って言えばいいのか! と、中山美穂さんから学んだこの夏。テレビでは不倫ドラマ『昼顔』(フジテレビ系)が大人気、そしてマンガでも不倫ものが大流行中であります。その頂点に君臨するのが7月8日に2巻が発売されたいくえみ綾先生の『あなたのことはそれほど』(祥伝社)です。

 医療事務として働く美都は、飲み会の帰り道に初恋の相手、光軌と偶然の再会を果たします。ともに別の相手とすでに結婚していましたが、2人はすぐに男女の関係に。美都の夫、渡辺涼太(子熊)や光軌の妻、麗華をも巻き込んで、世にもドロドロしいW不倫劇が幕を開けるのでした。

 清々しいまでに幼稚で自己中心的な主人公は自らをこう評します。「当方『運命』『宿命』『必然』『奇跡』が大好物な もうすぐ三十路 夢見る乙女(既婚)」。これってまさに「少女マンガ」の基本的な構成要素なんです。ところが、それをいい大人が引き摺り続けていると大変なことになる……という典型例が美都という女性。光軌が育児に忙しくゆっくりと会えないことに当てつけて美都が言った「子供ってさ…ずっとお腹に入ってればいいのにね!」というセリフは、彼女の夢見がちな性格を端的に象徴することでしょう。子どもって、おなかの中にいるうちは主に夢しかありませんが、生まれてきてからはシビアな現実が伴いますからね。そうして彼女は高らかに宣言するのでした。「私たちは続くと思う 確信がある どこまで行くか 夢見続ける気満々の乙女」。

 名手、いくえみ先生によって描かれる夫婦の日常はディテールの描写が抜群に巧く、それだけにそのすぐ隣にある底なしの闇を生々しく感じさせます。平穏な生活が一瞬にして覆る恐怖。それと引き換えにあるスリルと快感。日常が幸せであればあるほど、闇はその濃度と粘度を増していくことでしょう。中でも美都の夫、子熊ちゃんの気持ち悪さは出色。ああ、もう目が離せません!(ところで第7話で陶芸教室のおばちゃんが「おいしいのよ このウエハース ピスタチオのクリームでね」と言ってお裾分けしていたお菓子はBABBIの「ワッフェリーニ ピスタチオ」でしょうか。おいしいんですよあれ)

 ほかにも鳥飼茜先生の『おんなのいえ』(講談社)が4巻にして不倫展開に入りました。引っ張って引っ張って、やっと辿り着いた果てのベッドシーンが堪らなくエロティックです。映画化が決まった吉田秋生先生の『海街diary』(小学館)、長女の不倫の恋にまつわるエピソードは涙なしには読めません。『海街~』以外にも「月刊フラワーズ」(小学館)連載作品には不倫のお話がとても多く、水城せとな先生の『失恋ショコラティエ』(小学館)にも、小玉ユキ先生の『月影ベイベ』(小学館)にも、そして西炯子先生の『姉の結婚』(小学館)にも、不倫は登場します。『姉の結婚』で精神科医の真木とは仮面夫婦状態にある妻、理絵(彼女も不倫中です)はこうつぶやくのでした。「誰かの不幸の上で幸せになるのはとても難しいわ」と。

大人の女こそ欲深いのね

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. ムショ飯はうまいのか?
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 工藤静香、SMAP騒動に言及

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー