[ジャニーズ最新言行録]

TOKIO、初の夏フェス舞台裏を明かす! 「落ち着こうって言って」「信じられない光景」

kokubuntaichi01.jpg
国分さん、アーティストと絡めてうれしさ爆発

 デビュー20周年を記念したコンサートツアー『TOKIO 20th Anniversary Live Tour HEART』を開催中のTOKIO。7月20日には北海道・いわみざわ公園で開催されたロックフェスティバル『JOIN ALIVE 2014』でジャニーズ初の夏フェスデビューを果たしたが、8月8日放送のラジオ番組『国分太一Radio Box』(JFN系)で、国分が当日の舞台裏を明かした。

 ウルフルズ、miwa、MAN WITH A MISSIONなど若手からベテランまで数々のアーティストが登場した『JOIN ALIVE』。当日は多くのアーティストが来ているため、TOKIOだけでのリハーサルはできずに「ぶっつけ本番」のような形でステージに挑んだという。

「なんとか『(お客さんを)盛り上げたい!』という気持ちもあったりして、まぁスタートするワケですけど。1曲目なんてのは、テンポ感が自分たちの中でどんどん早くなるのがわかったし。『抑えよう』『落ち着こう』と、みんなも思ってたと思うんだけど、やっぱ“前へ前へ”行ってたね。それで長瀬(智也)が後ろ振り返ってみんなに『1回落ち着こう、落ち着こう』ってやってたりとかしました」

と、ライブ中はメンバーの演奏が先走ってしまったというアクシデントもあったそう。国分いわく「“音作り”をしないまま(ステージを)始めるというのは、初めてのこと」だそうで、演奏しながら感覚を掴むという、今までとは違ったライブとなったようだ。

 さらに当日はTOKIOがライブを行った「ROSE STAGE」には、他会場からも大勢の人が駆けつけるなど大盛況だったことがネット上で話題となっていたが、『JOIN ALIVE』出演者の間でもTOKIOのステージは注目の的だったとか。

「実は若いアーティストが、僕たちのステージ袖でずっとライブを見ててくれたんだって。で、『もうすごい感動しました!』って、2~3組かな? アーティストの若い子たちが来て。松岡(昌宏)なんて『僕、松岡君のドラム見て始めたんですよ』なんていうアーティストの方がいて『CD聞いてください!』って(言われてて)、もう感動しちゃって」

と、ステージの裏話を告白。夏フェス初参加のTOKIOとしては“1年生”の気持ちでいたが、若手のアーティストや奥田民生が「ステージを見てた」と温かい声をかけてくれるなど、出演者とのうれしい絡みもあったという。

 また、通常TOKIOのライブの客席では、激しく体を揺らしてリズムに乗る「モッシュ」や「ダイブ」といった光景は見受けられないそうだが、『JOIN ALIVE』では「『宙船』とかでもモッシュがあったりとか、もう信じられない状況なのよ」と、お客さんのリアクションに衝撃を受けた様子の国分。TOKIOは20年前に「LOVE YOU ONLY」でデビューしたが、自分たちのファン以外の人が「オンリーユー!」と歌ってくれている姿を見て感動し、あらためて「スゴイ曲だな」と感じることができたそう。国分は、

「デビュー当時、大嫌いな曲だったんですよ。この『LOVE YOU ONLY』って曲は。というのは『もっとロックをやりたかったから』。(中略)やっぱり今は感謝です。みんなが歌える『LOVE YOU ONLY』を、これからも僕たちは大事に歌っていかなきゃいけないなと、あらためて夏フェスをやって感じました」

と、まとめており、『JOIN ALIVE』出演について「良い経験をさせてもらった」とも振り返っていた。8月16日・17日に東京&大阪で行われた『SUMMER SONIC 2014』でのステージも大好評だったTOKIO。このままの勢いで11月の日本武道館公演まで走り抜けてほしいものだ。

松岡きっかけなんて超センスあるドラマーじゃん!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク