あの金はいま!

TRFのSAM、バカ売れ「ダンササイズDVD」の意外なギャラの使い道とは?

2014trf_sam.jpg
『TRF EZ DO ダンストレッチ DVDブック 誰でも簡単!楽しく続けられる!燃焼系BODYは”伸ばして”作る!!』(講談社)

 安室奈美恵の事務所独立騒動は、いまだ波紋を広げている中、安室の元夫であるTRFのSAMは、人知れず自分の店をオープンしていたという。離婚後も第一線のアーティストとして活躍する安室に比べて、近年ではバラエティ出演や振り付けといった“副業”に精を出している印象のSAMだが、その本心とは?

「SAMは今年に入ってから、六本木に会員制のバーをオープンしたそうです。当然、一見客はお断りのため、訪れるのは親しい関係者や友人のみ。ビジネスというよりは、仲間内で落ち着ける場所を作りたかったようです。その資金は当然、大ヒットを記録した“エクササイズDVD”による収入でしょうね」(芸能プロマネージャー)

 TRF結成20周年の2012年には、4カ月連続の作品リリースや全国ツアーなど大々的な活動が行われていた。しかし、中でもひときわ世間の注目を浴びたのは、ダンスメンバーのSAM、ETSU、CHIHARUが「EZ DO DANCE」など大ヒット楽曲に合わせて、オリジナルのエクササイズダンスを指導するDVD『イージー・ドゥ・ダンササイズ』だった。通販番組で同DVDが紹介されると、ネット上は失笑があふれ返ったものだが、結果的にTRFの “代表作”クラスにまで売り上げを伸ばした。

「9,900円のパッケージがミリオン突破という大ヒットで、同年のエイベックスの売り上げをV字回復させたとまで言われています。しかし関係者は、SAMの本心はやはり“本職”であるダンサーに向いており、DVDの仕事は単なるお小遣い稼ぎ程度なのだろうと思っていたんです。なので、この爆発的なヒットを受けて、今後はさらに後進の育成やダンスレッスンなどにも注力するのかと思いきや、着手したのは飲食店の経営。『もはやダンサー業はアルバイト感覚なのか』という呆れた声も出ていますよ」(同)

 かつてSAM は、SMAPやV6ら、ジャニーズの振り付けやコンサート制作でも名前が挙がっていた。「近年でも東方神起のコンサートで、演出家として活動していましたが、本人の目指す先はもう現在のミュージックシーンにはないのかもしれません」(同)という。

 今年1月には、一部週刊誌で20代後半女性との交際を報じられていたSAM。メガヒット曲を連発し、歌姫と電撃結婚を果たした当時からは想像もつかない人生となってしまったことだろうが、予想外のDVD収入からのバーオープンと、こと私生活に関しては満足な結果を出せているのかもしれない。
(須田恭也)

イージー・ドゥ・御殿を建てるまで頑張って

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  10. ムショ飯はうまいのか?
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  13. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  14. 新春ジャニオタ放談
  15. “消えたAKB48”河西智美は今
  16. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  19. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  20. 薬丸裕英から家族すらも去った?

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー