[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

「嵐と事務所の共演事情」が影響? フィフィ、『NEWS ZERO』批判でTwitter停止の裏事情

sakuraisyo11.jpg
こうして「嵐ファン=ヤバい」が広まっていくの?

 歯に衣着せぬツイートが話題を呼んでいたフィフィのTwitterが、一部内容を削除した上でしばらくの更新停止を報告した。フィフィは18日放送の『NEWS ZERO』(日本テレビ系)について、「なんか薄っぺらなんだよな。だから地上波の報道番組は頼りにならない」とツイートしたが、この内容に嵐・櫻井翔のファンと見られる一部アカウントが、批判や中傷のツイートを連発。この様子はニュースサイトでも報じられることとなり、ネット上で注目を集めることになった。

 フィフィは「ニュースゼロでアイドルの方が『イスラム国=isis』の成り立ちについての解説していたが、その内容がデタラメだったのよ…特にアサド政権打倒の為に米国とサウジが武器提供した件はあえて米国の手前スルーだったのには呆れた」と、櫻井の名前は出さずに持論を展開。これについて、一部のアカウントが「きもい 外人はどっかいってろ」(原文ママ)といった内容のツイートしたことで、炎上に発展した。フィフィはその後も、発言の意図を説明するなど、一般人アカウントとのやり取りを続けていたが、ついには冒頭の結果と相成ってしまった。

「事務所からの圧力以上に、ファンの反感を買ってしまう危険性から、芸能人の中でも『ジャニーズ批判はタブー』とされています。しかし、今回ばかりは少々その後の展開が異なっているようです」(週刊誌記者)

 フィフィのアカウントが更新停止を宣言した今、ネット上では、一部ファンのフィフィへの批判ツイートが問題視されているようだ。「アイドルを批判したわけじゃないのに」「結果的に櫻井を貶めている」「これじゃお互いに誤解を招くだけ」といったツイートが多数散見される。

「更新停止を告げたツイートは、フィフィ本人のものではないようで、『しばらくフィフィの公式ツイートは要望により中断することになりました』『何卒、状況をお察し下さい』とあります。当事者でなく事務所同士の話し合いに発展した可能性もありますね。フィフィとは同事務所であるベッキーが、嵐の相葉雅紀と共演中といったこともあり、双方の事情をかんがみた上でこうした処置が取られたのでは。フィフィからすれば、批判した相手が悪かったのは確かですが、アカウント停止は不本意な結末ですよ」(同)

 こうして、一部櫻井ファンによる“暴走”が取り沙汰されてしまった今回の一件。ダメージを受けるのは、フィフィではなく櫻井本人となってしまうだけに、ファンはネット上での軽はずみな発言には慎重になる必要がありそうだ。

その筋違いな怒りを別のパワーに変えた方がいいよ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  5. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  6. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  7. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  8. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  9. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  10. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  11. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  12. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  13. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  14. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  15. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  16. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  17. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  18. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  19. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  5. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム