『俳優・木村拓哉の守護霊』レビュー

SMAP・木村拓哉はカブトムシ、嫁は「あの程度」――迷言、暴言連発の“守護霊”本レビュー

kimurasyugorei01.jpg
『俳優・木村拓哉の守護霊トーク  「俺が時代を創る理由」』(幸福の科学出版)

 「架空インタビュー」という手法は、昔からあるものだ。しかし、架空とはちょっと違う、本人の“守護霊”がインタビューに応じるというのは、ある種の“発明”かもしれない。本人でなく、その守護霊が語っているわけだから、いろいろセーフなんだろう。

 幸福の科学出版では、これまでにも著名人の守護霊インタビューをたびたび敢行、書籍化もしているが、ここへついにSMAP・木村拓哉の守護霊が登場した。その名も、『俳優・木村拓哉の守護霊トーク  「俺が時代(トレンド)を創る理由(わけ)」』。表紙には、「……っていうかさぁ 俺の霊言マジで出すの?」と書いてある。木村の守護霊を呼び出すのは、「幸福の科学グループ創始者兼総裁」大川隆法だ。

 さて、登場した守護霊はまず木村拓哉の守護霊かどうかと聞かれ、「ということになるんだけども」と返事する。ちょっとキムタクぽい返しだ。この守護霊が語るには、関ジャニ∞・錦戸亮の守護霊が「キムタクの時代はもう終わったから、俺のほうを売り出したほうが得になる」と言い出し、どっちが出るかでバトルになったらしい。錦戸の守護霊はちょっと失礼のようだ。

■木村ドラマは見ている人の同情で成り立つ

 守護霊は早速、キムタクの演技について「まあ、演技が下手なところだね、はっきり言って」「諦め切ってる」と話す。演技は上手ではない、でも地のまま、自己流で演じる=キムタク流なのだから、これを貫くことが大事だと何度も語る。「『キムタク流』は、『自然流』、『天然流』だな」とも評していた。

 気になるのは、キムタク本人ともちょっと違う粗野な語り口だ。「ほう」とか、「君ぃ」とか、「ぜよ」なんてのもある。「ちょ、待てよ」だの「メイビー」だの「よろしこ」だのといった、ものまねのキムタクに流れないところはさすが守護霊である。

 守護霊的には主演作『安堂ロイド~A.I.knows LOVE? ~』(TBS系)はイマイチはまらなかったのか、「失敗作かも」とし、「まあ、『俺にやらせたら、失敗作でも、何とか採算がとれる』っていうとこが、いいとこなんだろうねえ」と結論づけた。やけに達観、客観視している。この作品がとても気になっているようで、一旦話が終わっていたにもかかわらず、終盤にもまた「キムタク流」の演技の流れで、

「あの人は、何をやっても『キムタク』にしかすぎない。武蔵をやろうが、アンドロイドをやろうが、キムタクはキムタクだけど、アンドロイドであると見てあげなきゃいけないんだ」
「『この人は、未来ロボットを演じているつもりなんだな。気の毒だから、未来ロボットだと見てやろう』と思って、観る人のほうが同情し、『未来ロボット』だと見てくれる」

 ……そこまで卑下しなくても。ただ、そこには木村ならではの人を惹き付ける「蜜」の部分があるんだという。

「俺のなかには、そういう、『甘い蜜』があるんだ。自己流なんだけど、蝶々とか蜂とかを集める蜜があるんだと思うね」

 だからその「ハチミツに当たるようなもの」を見つければいいと、守護霊は語っている。

宜保愛子先生がご存命中なら許されなかったわよ!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  5. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  6. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  7. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  8. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  9. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  10. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  14. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露
  15. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  16. テレビとギャップありなジャニーズ
  17. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  18. GENKING、元カレ質問で大失態
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  3. テレビとギャップありなジャニーズ
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー