芸能界覆面座談会

香里奈、伝説の“ご開帳”写真は動画だった!? 元データは芸能界のドンがお買い上げ?

karinahp.jpg
香里奈オフィシャルサイトより

 本当は言いたいのに、言えないネタを持ってる芸能記者さん、集まれ~! 芸能ニュースの摩訶不思議なお話からウソか真か分からないお話まで、記者さんたちを酔わせていろいろ暴露させちゃった☆

A……スポーツ紙記者 グラドルからジャニーズまで、芸能一筋18年の芸能記者
B……週刊誌デスク 日中はラジオでタレントの発言をチェック、夜は繁華街に繰り出し情報収集を行う事情通
C……WEBサイト記者 通常ニュースから怪しいBBSまで日参、膨大な資料を作り続ける駆け出し記者

■2014年上半期はビッグニュースだらけ!

A 世間は夏休みということで、芸能界も比較的のんびりしていますね。下半期一発目の要注目ニュースは、9月のCHAGE and ASKA・ASKAの初公判でしょうか。

C 今年前半の芸能界は、割と大きな騒動が多かったような気がします。赤西仁のジャニーズ退所、AKB48握手会襲撃事件、ASKA逮捕、ダウンタウン・浜田雅功の不倫……。

B 浜ちゃんの一件はすぐに沈静化したけど、その後も何かネタが出てきそうじゃない?

A 週刊誌の中には、まだ取材を続けているところも多いみたいですね。引退した相手のグラドル・吉川麻衣子の現在や家族の声など、まだまだ探る余地はありますから。

C さすがにこの状態じゃ、本人はおとなしくしている以外の選択肢はないでしょうけどね……。

■“ご開帳”写真は“芸能界のドン”の手元に

C 香里奈の“ご開帳”写真も衝撃度が高かったですよね。『5時に夢中!』(TOKYO MX)が、この騒動を放送したせいで、香里奈の所属事務所・テンカラットから恐喝を受けていたという件(既報)なんですが、その後の波紋はどうなのかなあと。

A いろいろあって、テンカラットと『5時に夢中!』の間では折り合いが付いたみたいですが、肝心の香里奈が、ほぼ表舞台から消えてしまいました。あんな写真が世に出ちゃったんだから、当然ですけど。

C 事務所としては、世間の記憶が風化してくれるのを待つばかりといったところでしょうが、「もっとヤバイ写真が存在する」とか、色々情報は出ていますよね。

B これ、もともとは写真じゃなくて動画なんだよ。だから「フライデー」(講談社)に掲載されたのは、その動画のほんの一コマみたい。

セックステープで成り上がる文化は日本にはないの?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 西内まりや月9、酷評の嵐に
  2. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  3. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  4. 江角と対照的、広田レオナの不倫報道
  5. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  6. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  7. 「オワコン女優」認定の3人は?
  8. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  9. 小雪『大貧乏』2週連続4%台の悲劇
  10. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  11. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  12. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  13. 江角マキコのバックに超有能弁護士
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  16. 『DASH!!』にまたしてもヤラセ疑惑?
  17. “消えたAKB48”河西智美は今
  18. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  19. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  20. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  5. 中居、「クソつまんねぇ」とポロリ

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 誰でもいいから義姉をもらって! デブでブスなプライド女を婚活イベントに強制送還!
  3. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. ビヨンセ、夫の浮気の怒りをアルバムにぶつける!
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ