高嶋政伸も思わずハニカむ

美元、ドロ沼離婚の果てに海外移住へ! 高嶋政伸もハニカみ笑顔で「言うことはない」

miwon02.jpg
美元オフィシャルブログより

 暴行音声テープの流出、離婚訴訟と、元夫・高嶋政伸とドロ沼の離婚劇を繰り広げていた美元が、女優を引退して海外移住すると「女性自身」(光文社)9月2日号が報じた。2012年11月の離婚成立後、高嶋はほぼ途絶えることなくドラマ出演など俳優業で活躍中だが、一方でまったく姿を見なくなった美元は、ついに芸能界からも身を引くようだ。

 美元は昨年夏、シンガポールを拠点とする年下の投資家男性との“親密関係”が一部で報じられていた。現在はすでに生活拠点を海外に移しているようで、今後はこの交際相手と生活を共にすべく完全移住に至ったのだという。

「仕事は順調だった高嶋とは対照的に、離婚後の美元は週刊誌の『あの人は今』的な取材を受ける程度で、活動の場はほとんどなくなっていました。そして昨年末には、親しい関係者も突然連絡が取れなくなってしまい『行方不明』と言われていました。この間には、メンタルクリニックへの通院疑惑なども囁かれていたものです」(スポーツ紙記者)

 高嶋が「芸能生活をなげうっても離婚したい」と発言したことで話題を呼んだ離婚裁判だったが、美元はこの公判中もバラエティ番組に出演し、夫婦生活を面白おかしく語っていた。そしてこの間には、美元が所属事務所を解雇されるという事態も発生していた。

「しかし一方で高嶋の方も、裁判中なのに週刊誌の取材に応じて美元のネガティブ情報をリークしており、担当弁護士が辞任していたそうです。芸能界的には美元が一方的に悪者となって終了していましたが、結局のところ元夫婦揃って問題があったのは言うまでもありません」(週刊誌記者)

 また同誌は、元夫・高嶋にも直撃取材を決行。美元については「全然知りません」「まったく連絡を取っていないので」「何も言うことはありませんね」とにべもないが、かつてネット上で話題になっていた“激太り”については「ピークの時より15キロ以上は変わっているんじゃないですか。ジムにも通っていますし」と回答している。諸悪の根源から開放されたためなのか、少しだけはにかんでいたという。

 しかし各方面でやりたい放題を尽くして、ついに周囲からも見放されていた美元だけに、今回の引退&海外移住は、自他ともに最良の選択肢だったのかもしれない。

寿美花代がコメント取りにくるの待ってっから!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク