今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

日航機墜落事故を希薄に描いたフジテレビドラマに思う、ドキュメントのあるべき姿

hujiaiarukagiri.jpg
『命ある限り戦え、そして生き抜くんだ』(フジテレビ)公式サイトより

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎余白は塗りつぶしてこそのフジ
 事故機ボイスレコーダーの、より鮮明な音源を入手し、事故の原因と解明されていなかった会話の詳細部分が今、明らかに! あの日航機墜落事故を扱ったドキュメント『8・12 日航機墜落30回目の夏 生存者が今明かす“32分間の闘い”~ボイスレコーダーの“新たな声”』。長いなタイトル。放送はフジテレビ。この音源を入手したのがNHKだったらなぁ。『Nスペ』ならきっかり50分でまとめてくれる内容を、薄めて伸ばして2時間半。再現ドラマだの、御巣鷹山から生中継だの、音声検証だの。腰を据えずに行ったり来たりするつくりで、結局何が新情報なんだか後味さっぱり。この「再現ドラマ」って、ほんと脳偏差値低めな仕上がりになるよなぁ。ババーン! ジャーン! って大仰なBGMがまた『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)みたい。ま、『ザ!世界仰天ニュース』ぐらい咀嚼して沸点を低くしないと、『Nスペ』の余韻と静寂にはついていけん、ていう脳年齢層の人がいっぱいいるってことなんだろうなぁ。

 再現ドラマなんかなくとも、遺族の今の証言と、残っている当時の映像だけで、ちゃんと全て伝わるのに。こちらで考える余白ってものを与えてくれないからな「再現ドラマ」は。来年の「戦後70周年」という節目に向け、民放各局は、今から「あなたの戦争の話を聞かせてください」って証言や資料集めたりしてるみたいだが。あー、何かイヤな予感がするな。来年の夏は、民放各局『ザ!世界仰天ニュース』乱発か。

 いろいろ問題が取り沙汰されるNHKではあるが。戦争ドキュメントだけは、NHKに一括してもらった方が、後世のためにもなると思うんだが。この番組の翌日に放送された、ペリリュー島特集の『Nスペ』の壮絶さたるや。見終わったら2キロ痩せてた。嘘だが。証言と映像と余韻と。どのドキュメントもこうあるべきだが、戦争ものは特にこうじゃないと。同じくペリリュー島の戦闘をテーマにしたドラマを、日を開けずにフジが放送するらしい。この日程に「あの『Nスペ』の後で、一体どんな顔してドラマなんかやれるんでしょ。ま、お手並み拝見(笑)」という、NHKの根拠ある意地の悪さを感じた。

◎すわ、電通か!?
 タイの代理出産事件。第一報では、代理出産を装い、何か子ども集めて臓器売買でもしてんじゃないのか、と背筋が寒くなったが。どうも子どもはホントに件の日本人男性の子らしい。その数15人以上。うーん。ますますよくわからん。なんでそんなに自分の子をわらわらと。クモか? ネズミか? いや、ビッグダディだ! これは『富裕層版・痛快! ビッグダディ』ってことなんじゃないだろうか。子どもはあらゆる国籍から集め、0歳時から全員英才教育。知力・体力を伸ばし、帝王学も叩き込み。そして最も優秀な子に多くの遺産を継がせる。その道程で子どもたちに注がれる、新ビッグダディのまなざしの冷徹さやいかに。テレビ朝日で今年末、たぶんスタート。見るなコレ。

◎これぞ再現ドラマネタ
 会見芸人に新キャラ登場。また地方議員か。「公人であるテリー伊藤様」ってのには笑ったが。こうやって、いちいち弁護士つけるってのは、見ていてホントにムカムカするな。三浦和義が開拓し、小保方さんが軌道に乗せた「奥義・弁護士づけ!」。あーウゼえ。「中学生とLINEして、仲間外れにされてキレて恫喝」ってのは、もうあなた、社会的には死んでるんですよ。「いかに自分が間違ってないか」を滔々と語るその顔つきが、あなたの人間性の間違いを雄弁に語ってるんですよ。

 バブルの頃、大小いろんな会社で、流しみたいに契約の受付をやってたことがある。どこの会社にも、「あ~、何でこんなヤツ雇ったんだよ」という、地雷扱いされている社員が必ずいた。もう何年も自律神経を悪くして休んでいるが、自分の誕生日だけ、会社からのお祝い品を意気揚揚ともらいに出勤(母親同伴)する40代男性とか、がんで体を悪くして、そのこと自体は気の毒なのだが、前線から総務に異動になると、もう何か世捨て人みたいにヒネちゃって、コーヒーフレッシュやトイレットペーパー、ボールペン等、ありとあらゆる備品の1つ当たりの底値を全メーカー徹底調査させ、総務課全員をノイローゼ状態に陥らせた50代男性とか、取引先との接待ゴルフで、先方の社長に有利なスコアが付いた途端「そーいうの、ありえないッ」と大泣きして抗議し出した大学ゴルフ部出身の新入社員とか、理由はまったくわらかないし、誰も聞けないけど、ほかの身だしなみは普通なのに、スネ毛だけボーボーにストッキングから生やしてる女性社員(30代)とか、ほとんど通勤しないが、たま~に来て受付前に黙って立ち、「いらっしゃいませ」と声がかかると、「私は社員だ! なぜ顔を覚えてない! そんなんでなぜ受付が務まる!」と怒鳴りちらし、両親が迎えに来るまで来客スペースで粘るという行為を、数年に1回儀式のように繰り返す40代男性とか。何かいろいろ思い出しちゃったなぁ。受付で一番紳士で感じ良かったのって、なんだかんだで、ソーカイ屋のおじさんだったりしたなぁ。

 話が逸れたが。ブラック企業ばかり話題になるが、こういう、明らかにヤバいオーラビンビンの、ハズレ人間というのも、どの職場にも必ず一定数いる。別に罪を犯したわけではないが、関わる全ての人間や組織に累を及ぼす。こういう人物に対する、健全な社会の反応というのは、「極力関わり合いを断つ」。これに尽きるのである。いくら弁護士をつけようが、金を返そうが謝ろうが、小保方さんやののちゃん、LINEくん(←もう名前で呼ぶ気すらなし)から立ち昇る「うわぁ」な感じは、決して消し去ることはできない。それを世間では、時に端的に「キモイ」と表現する。それだけの話だ。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)など。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク