まさに意味不明!

テリー伊藤、山本景LINE問題&まんだらけ騒動に“迷コメント”で反感・批判が殺到

itouterry.jpg
暑い日が続いているからね……

 『スッキリ!!』(日本テレビ系)、『サンデー・ジャポン』(TBS系)などの情報番組でコメンテーターとして出演しているテリー伊藤の発言が、ネット上で物議を醸している。大阪維新の会の大阪府議員・山本景氏のLINE問題、また「まんだらけ」の犯人画像公開騒動について、立て続けに“迷言”を繰り出してしまったのだ。

「近年では完全に、『御意見番』的なポジションに居座っているものの、自分の立場が悪くなると発言を180度変えるなど、視聴者から失笑を買うケースが度々発生しています。昨年11月には、不倫騒動の渦中だった矢口真里に対して、最初は『(矢口は)もっと悪いことをしていますよ!』などと厳しく追求していたものですが、週刊誌で自身の不倫行為を報じられた途端に『こういう生き様もアリだと思うんだよね』と、まったく逆の意見にすり替えていました」(芸能ライター)

 そんなテリーは、11日放送の『スッキリ!!』で、山本氏が無料通話・メールアプリ「LINE」を通じて、女子中学生らに恫喝するようなメッセージを送っていた問題で、山本氏について「これ、今ずっとVTR見てても、こいつキモいもん」と発言。山本氏は、12日付のブログでテリーのコメントに対し、日本テレビに抗議したものの、番組での謝罪が得られないことがわかったため、BPO(放送倫理・番組向上機構)に、人権侵害の申し立てを行ったことを記載した。

 また「まんだらけ」が、ブリキ人形「鉄人28号」を盗んだ犯人の顔写真を公開すると宣言した一件についても、テリーは迷言を口走った。警察の指導もあって、顔写真の公開は中止となったが、テリーは「(犯人が逮捕された後に)このモザイク(を外した)映像を見せてほしいんですよ」と発言。「監視カメラの映像と、実際の顔とが違う場合がある」「監視カメラに映った顔を公表すると、似ている人が犯人扱いされる可能性がある」「だから、監視カメラに映ったモザイクなしの犯人の画像と実際の顔を見比べたい」といった持論を展開していたが、視聴者からは「全然意味がわからない」との声が頻出した。

「掲示板やTwitter上では、放送時から『テリー伊藤がおかしくなった』『話の筋が通ってない』『まわりは指摘しないけど、この人ちょっとズレてる』と、批判が殺到。こうした『あえて難しいことを言おうとして失敗してる感じ』が、視聴者の反感にもつながっているようです」(同)

 今年5月、AKB48の握手会で襲撃事件が起こった際には、『スッキリ!!』でファンをオタクと説明し、「普段街に出ないような子でも、握手会があるから出ていく」と発言したため、「ファンを見下してる」との批判が殺到したテリー。特に大きな話題を呼んだ騒動については、必ずと言っていいほどトラブルを残しているだけに、今後もこうした“迷言”が飛び出してしまうことになりそうだ。

何年もバラエティを作ってきて、ついに笑いをこじらせた?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  5. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  6. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  7. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  8. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  9. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  10. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  11. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  12. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  13. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  14. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  15. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  16. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  17. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. 藤原さくら、違和感だらけの起用

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに