夏の汚肌の元凶、ゴワつき&毛穴開きに! あの芸能人が指名する愛用“炭酸ミスト”

inbev.jpg
山田優も愛用

 最近、美容に詳しい女性たちの間で新しい常識となりつつある“炭酸”による美肌効果。エステなどでは以前から取り入れられていましたが、自宅用のパックやスプレーは炭酸の純度が薄いことや、お値段が張ることで簡単に手を出すことができないものでした。しかし近年では、自分で手軽にスキンケアできるアイテムが開発され、一般的になってきていますよね。その中でも、山田優がブログで紹介していることを始め、多くの芸能人が愛用していることで話題となっている商品を見つけました。それがこの「iN-BE+v(インビィプラスブィ)」という炭酸スプレーです。全国のコスメショップや、あのアットコスメでも第1位を獲得している商品なんですよ!

 まず、美肌と炭酸にどのような関係があるのかというと、炭酸は肌の新陳代謝を活発にする働きがあるんだとか。CO2が肌に浸透することで、肌は酸欠状態を起こしたと錯覚し、慌てて大量の酸素を送り込もうとするのです。この「ボーア作用」の結果、血行がよくなったり、保湿機能がアップし、たるみ、引き締め、毛穴、シワなどが改善され、美肌効果に結びつくといわれているんです。

 炭酸効果を狙った商品は、スプレータイプのものやパックタイプのものなど数多く出ていますが、「iN-BE+v」の一番の特徴は濃度100%の濃密炭酸ミストであるということ。炭酸美容において最も大切なのは、いかに高濃度の炭酸を肌に届けるかということで、濃度が高ければ高いほど、炭酸の持つ効果が発揮され、美容効果が持続しやすいんだそう。その点、「iN-BE+v」は炭酸濃度100%にこだわって作られており、10,000ppm以上の高濃度炭酸が含まれている商品。高濃度の炭酸ミストが、肌にどんどん浸透してくれるんです。使っていくうちに、肌がワントーン明るくなっているのがわかるんだとか!

 そして「iN-BE+v」は、持ち歩きに便利なスプレータイプの炭酸ミスト。自宅で、出先で、気になるときどこでも簡単にシュッと美肌ケアができます。これなら面倒くさがりやさんでも、持続して使うことができそうですよね。また、一般的な炭酸パックや炭酸エステに比べ、圧倒的にランニングコストが安いのも特徴。炭酸美容は使い続けることが大切ですが、費用的にも続けやすいこのアイテムは女性の強い味方です。

 「iN-BE+v」は炭酸効果だけでなく、ほかにも美容成分が多数配合されています。肌の引き締め成分・オバリス、毛穴ケアに効く・エバーマット、そして潤い成分としておなじみのプラセンタ、ヒアルロン酸やビタミンC誘導体。美肌を作る代表成分がたっぷり詰め込まれていて、総合的なケアが一本で可能です。忙しい女性でも、使いやすいアイテムですよね。

 夏の中頃は肌がゴワついたり毛穴が開いたりとダメージが目立つ季節。「iN-BE+v」で肌のトータルケアをして、残りの夏も思いっきり楽しんじゃいましょう。

・「iN-BE+v

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. 『カウコン』意外な舞台裏
  6. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  7. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  8. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  9. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  10. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  11. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  12. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  13. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  16. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  17. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  18. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー