改名=ヤバいは常識?

不倫・離婚・激ヤセ、そして改名へ! ほっしゃん。改め「星田英利」を業界は危険視

2014hosshan.jpg
吉本興業株式会社HPより

 本名である「星田英利」への改名を発表した芸人ほっしゃん。だが、メディア関係者から、彼の精神面を不安視する声が上がり、どうにも“触れづらい案件”と化しているようだ。「不倫疑惑」から「離婚」「激ヤセ」と世間に話題を振りまくほっしゃん。のプライベート事情だが、一体何が起こってしまったのだろうか?

 ほっしゃん。のスキャンダルと言えば、2012年にフライデーされた尾野真千子との不倫疑惑だろう。ラブラブな様子のドライブデートを写真付きで報じられ、双方とも友人関係を強調するも、同年中に再び一泊旅行を報じられている。ほっしゃん。は、翌年9月に妻と離婚しているが、尾野は当時同棲が伝えられていた俳優・高橋一生との交際を継続した。

「結局ほっしゃん。は、離婚までして尾野と添い遂げようとしたものの、あっさりと振られてしまったというのが真相のようです。尾野の方も、すでに高橋とは破局していますけどね」(芸能ライター)

 そして離婚直後から、ネット上でほっしゃん。の“激ヤセ”が話題に。当の本人は、今年6月にネット番組『よしログ』(GyaO)で、大腸ポリープの除去手術を受けていたことを報告。しかし激ヤセは手術が原因ではなく、術後に飲酒や食事などを厳しく制限されたことから、「面倒なので1週間ほど水しか摂取しなかった」ことが真相だったという。この発言について、ネットユーザーからは「ご飯も食べられないような精神状態だったのでは」といった意見が相次いでいた。

「さらにほっしゃん。と改名をめぐっては、昨年11月にあるトラブルが起こっています。なんでも、マンション前に立っていたという青年から『声優・堀江由衣のあだ名と紛らわしい』として、『名前変えるか、死ぬか、どっちかにしてくれ』という手紙を渡されたそうなんです。ほっしゃん。は、Twitterでそのことを報告し、激怒していました。脅迫といえる内容ですが、その後は何の音沙汰もありません。ネットユーザーからは『自宅で待ち伏せしてまで手紙渡すか?』という声も上がっていましたが、真相は不明です」(同)

 この時ほっしゃん。は「名前は変えへんし、何の感情もないオマエの意見で俺が死ぬかボケ!」と宣言していたものの、結果わずか1年足らずでの改名となってしまった。

「しかし、周囲は変わらず『ほっしゃん。』と呼び続けるでしょうね。ビッグダディの『コダカラー・清志』みたいに、改名したのに誰も呼ばないという状態になるのでは。そもそも仕事が順調なタレントが、改名なんかしませんよね。業界では、『改名』と聞くと、迷走しているなという印象で見られてしまいます」(週刊誌記者)

 プライベートのみならず、ついに仕事でも迷走しだしたほっしゃん。こと星野。果たしてその行方は――?

女優・尾野真千子の噛ませ犬だっただけ……?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  5. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  6. 『カウコン』意外な舞台裏
  7. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  8. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  9. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  10. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  15. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  16. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  17. 新春ジャニオタ放談
  18. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  19. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  20. 芦田愛菜、テレ東深夜転落

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 新春ジャニオタ放談
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー