【連載】彼女が婚外恋愛に走った理由

家庭を守るために「家庭外でセックスする」夫婦間セックスの葛藤に一石を投じるおしどり夫妻

kongai0805.JPG
(C)いしいのりえ

 家庭を持っている女性が、家庭の外で恋愛を楽しむ――いわゆる“婚外恋愛”。その渦中にいる女性たちは、なぜか絶対に“不倫”という言葉を使わない。どちらの呼び名にも大差はない。パートナーがいるのにほかの男とセックスする、それを仰々しく “婚外恋愛”と言わなくても、別に“不倫”でいいんじゃない? しかしそこには、相手との間柄をどうしても“恋愛”だと思いたい、彼女たちの強い願望があるのだろう。

 知り合いの既婚者女性に、「パートナーとの仲」について訊ねると、たいていが「兄妹みたいな関係」と返ってくる。結婚前は恋人同士だった2人。最初は手をつないだり、キスをすることにも恥じらい、セックスの時には、電気ひとつ点けるのもためらってしまう……そんな初々しい時期があったはずなのに。結婚して晴れて夫婦となり、ひとつ屋根の下で共同生活をするようになると、恋人の頃の気持ちを保つことは難しいのだろう。しかしその一方で、夫婦仲睦まじくいるためには、「いつまでも男と女でいた方がよい」という価値観に縛られ、そのジレンマに悩んでいる夫婦は少なくない。そんな中「家庭外にセックスを求めること」を突破口に、よりよい夫婦関係を築いたという女性に話を聞いてきた。

■出会いは“自暴自棄”になった合コン

 三十代前半の美弥子(仮名)さんは、小柄で中肉中背。淡いイエローのノースリーブのワンピースと、明るい色のショートヘアが似合う彼女は、どこにでもいる普通のOLといった雰囲気だ。結婚3年目の美弥子さんは、フルタイムで働き、子どもはいない。今はマイホーム購入を目指して、1LDKのアパートにご主人と2人暮らしで、貯金に勤しむ日々を過ごしているという。美弥子さんとご主人が知り合ったのは、今から4年半前のこと。

「大学時代から付き合っていた彼と別れてしまって、とにかくつらくて……友達や会社の同僚から合コンに誘ってもらって、毎週2~3回は行っていました。その時に知り合ったのが、今の主人です」

 大学時代から付き合っていたという元カレとは、「結婚するものだとばかり思っていた」という美弥子さんのショックは計り知れない。当時の合コンラッシュを「完全に自暴自棄になっていました」と振り返る。しかし、そこで出会ったご主人は、美弥子さんの理想の男性像にぴったり当てはまっていたという。

「きちんと仕事を持っていること、借金がないこと、煙草を吸わないこと。それから私は人見知りで、男の人がそれほど得意ではないので、あまりモテそうにない人が理想でした。当時の主人は、口数は少ないけれど気配りができる優しい人で……盛り上げ役の男の子が空けたグラスを下げたりとか、お皿を渡したりとか、まわりの話を聞いてニコニコ笑っていましたね。そんな主人を見て、『この人と結婚する』ってピンと来たんです」

「セックスしなきゃ」がさらにセックスを嫌いにさせるよね

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. “消えたAKB48”河西智美は今
  6. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  7. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  14. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. 他人の記事をパクるのはこんな人
  17. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  18. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  19. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  20. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  5. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!