山田優も“綺麗に仕上がる”と絶賛した、「プリズムCCクリーム」の底力

lanaray.jpg
山田優も愛用

 かんかん照りな太陽の日差しに、肌のダメージが心配になることも多いこの季節。しかし、夏の肌ダメージは日焼けだけではありません。日差しによって肌に赤みが出たり、空調による乾燥などで、気がついたら化粧水がしみる、ファンデーションがうまく乗らないなどの悩みを抱えている女性は多いですよね。

 しかし、そんな夏のお悩みを1本で解決してくれるアイテムを見つけました!それがこの「LANAREYプリズムCCクリーム」。なんとこのCCクリーム、あの美容フリーク・山田優が愛用していることで知られているんです。「これ1本でベースメイクが全部終わっちゃうからメイクするのが凄くラク。自然で綺麗に仕上がるよ!」とブログで絶賛しています。一体、どれだけすごいアイテムなのか気になっちゃいますよね。

 まず、BBクリームと違い、まだあまり聞き慣れないCCクリームとは何なのでしょうか? CCクリームとは、カラーコントロールクリームの略称。簡単に言ってしまえばBBクリームの進化形です。リキッドタイプのコンシーラーとも言うべき、カバー力を重視して作られているBBクリームに対し、CCクリームは色補正をして肌の欠点をうまくごまかし、全体的に美肌に作り上げてくれるアイテム。どうしても“しっかりこってり”感の拭えないBBクリームに対して、ナチュラル感を残しながら、肌全体のトーンアップを図ってくれるのがCCクリームというわけです。また、数あるCCクリームの中でも山田優がこのCCクリームを絶賛する理由は、何なんといっても「崩れない」こと!

 この「LANAREY プリズムCCクリーム」は、一本で乳液、美容液、ファンデーション、化粧下地、カラーコントロール、毛穴カバー、コンシーラー、日焼け止めの8つの役割を果たしてくれるスグレモノなのに、とにかく朝のメイクが夕方まで崩れない商品として話題なんです。その秘密は、メイク崩れの要因となる不要なオイルを揮発してくれる、オイルセパレート成分が配合されていること。この成分は伸びがよく肌にフィットするから、長時間のメイクでもヨレを防いでくれます。汗や皮脂でメイク直しが増える夏にはありがたい特徴ですよね!

 そしてもう1つの大きな特徴は、気になるシミ、クスミ、小じわを光の乱反射で目立ちにくくするプリズム作用があること。全方向から肌色をばっちり補正して、薄付きなのに肌の欠点を隠してくれるんだとか。もちろん、SPF50+・PA++++で日差しも強力カット。

 肌荒れは気になるし美肌に見せたい、けれどめんどくさいのは嫌だしなるべく時短で済ませたい! なんていう欲張りな願望も、「LANAREY プリズムCCクリーム」なら応えてくれるかも? 山田優も絶賛しているスーパーアイテムで、残りの夏は効率よくキレイになっちゃいましょう!

LANAREY プリズムCCクリーム

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  2. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  3. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  6. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  7. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  8. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  9. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  10. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  11. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  14. テレビとギャップありなジャニーズ
  15. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露
  16. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  19. GENKING、元カレ質問で大失態
  20. 松潤の飲尿プレイ疑惑にショック

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  3. テレビとギャップありなジャニーズ
  4. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー