嵐・櫻井翔はなぜラッパーになった? その音楽的ルーツを紐解く

20140111-sakurai.jpg
嵐の中で、常に変化を厭わず進化し続ける櫻井翔。

【リアルサウンドより】

 嵐の櫻井翔が現在放送中の花王「エッセンシャル」のCMで、ジャニーズで20年かけて学んだという華麗なターンを披露している。

 櫻井といえば、嵐の中では相葉雅紀とともに、どちらかというとダンスが得意ではない方のメンバーで、先日放送された『VS嵐』に出演した際は、松本潤に「(櫻井と相葉は振り付けを覚えるのに)寝かせるタイプ」と、すぐにはダンスを覚えられないことを指摘されていた。しかし、20年かけて培ったというターンは流麗であり、彼が元来とても真面目な“努力の人”であることを伺わせる。

続きはこちら

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク