【教えて! ゴシップマスター】

【教えて!ゴシップマスター】レディー・ガガはどうして人気が失速してるの?

LadyGaga07.jpg
肉付きのよさがファン離れの一因に……

――日々、猛スピードで状況が変わっていく海外セレブのゴシップ。セレブの名前も覚えてないうちに次から次へと事件・騒動を起こされても追いつけないよ~と嘆くアナタに、サイゾーウーマンが誇るゴシップマスターが“読んですぐわかるセレブの今NOW”をお伝えします!

【今回のお題】どうしてレディー・ガガは人気がなくなったの?

 昨年末から米メディアで報じられるようになった、レディー・ガガのファン離れ。日本ではいまなお人気の高いアーティストですが、どうしてアメリカでは人気低迷してしまったの?

【ゴシップマスターの答え】

 ファーストアルバム『ザ・フェイム』(2008)で彗星のごとくエンタメシーンに現れ、一躍世界中にファンを持つトップアーティストとなったレディー・ガガ。しかし、セカンドアルバム『ボーン・ディス・ウェイ』(11)以降、人気はゆっくりと下降しています。11年は9,000万ドル(約90億円)だった所得も、2013年は3,300万ドル(約33億円)と約3分の1に。昨年11月にリリースしたサードアルバム『ARTPOP』の初週売り上げは約26万枚で1位を獲得したものの、110万枚だった『ボーン~』と比べると、勢いが衰えているのは明らかです。

 10年には「Twitterの女王」と呼ばれていたのに、現在のフォロワー数は約4,170万人で、ライバルとしてなにかと比較されるケイティ・ペリー(約5,500万人)に女王の座を奪われてしまいました。若者に人気の写真共有アプリ「インスタグラム」に至っては、ケイティのフォロワー数約650万人を大きく下回る約400万人。「YouTube」での「G.U.Y」の再生回数は公開から4カ月たった今やっと5,000万回という状態で、公開から5カ月たつケイティの「Dark Horse」(約5億回)の足元にも及びません。新作アルバムの売り上げも、ダウンロード数もケイティに敗北しており、「私たちの音楽は違うから、いちいち比較されても困る」という発言も、負け犬の遠吠えのように捉えられてしまっています。

 世界中の熱狂的なファン「リトル・モンスター」から崇拝され、愛され、多大なる影響を与えていた彼女が、なぜ短期間に失速してしまったのでしょうか。米大手紙「ニューヨーク・ポスト」やネット新聞「ハフィントン・ポスト」、芸能誌「People」などアメリカ大手メディアの記事を分析したところ、ガガの人気失速の理由は大きく分けて5つあるようです。

1.ワンパターンでファンが飽きてきた
 
 ガガは作品やスピーチを通し、いじめやセクシャルマイノリティ―など“弱者”への理解を呼び掛けていました。「一匹狼的なクールな不良だけど、弱い者を守ってくれる正義感を持つ人」という姿勢が受けていましたが、歌も曲もダンスもスタイルも表情もMVもワンパターンだという指摘が多く、彼女の真面目な性格が裏目に出てしまった格好です。

「世間」の手のひら返しが世の中で一番こわい現象だよ!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  5. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. ムショ飯はうまいのか?
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー