「女に求められない男」の心理的鎖国状態を解くのは「女」の役目ではない

【messyより】

consul0801cw.jpg
Photo by Tommy Ga-Ken Wan 溫嘉勤 from Flickr

 暑い日が続きますが、皆様、ご機嫌いかがでしょうか? 日本における猛暑の要因のひとつにフェーン現象があるそうです。それが一体どういう現象なのかWikipediaの説明を読んでもまったく理解できない私ですが、このところ【messy】もホットな炎上案件で盛り上がっていると聞きました。

●勝ち組男のテストステロンは「レイプホルモン」である? 非モテ卑屈男の極端すぎる主張
●少子化も「ヤラせない女のせい」と結論づけるレイプ肯定派監督の論拠とは?

 問題となっているのは、ある映画監督によるミソジニー全開なインタヴュー記事です。監督が振りかざす「普通に男として成長をして思春期を経ていれば、女に対して恨みを持たないということはありえないんですよね。女に対する恨みつらみ、というのは“届かない愛”と同じ。愛がひっくり返って恨みになる」という、イソップ寓話の「あのブトウは酸っぱい」方式で見事に醸成された憎悪に、唖然としてしまいました。私も普通に男として成長してきたつもりでしたが、こんな極端な思想にハマってないですもの。「すみません、監督(面識ないですが)、同じ男だと思われたくないです……」と正直に申し上げたくなりました。

続きを読む

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク