【うわさの会見場から】

篠田麻里子、異様な厳戒態勢! バーニングのマスコミ威嚇が示す「ricori閉店」のキナ臭さ

shinoda.jpg
「潰すつもりで来てください」は壮大なフリだったの?

 元AKB48の篠田麻里子が7月26日、東京・表参道ヒルズで行われた「爽健美茶×MORE ボタニカル フォトコンテスト」のオープニングセレモニーに出席した。篠田がプロデュースしていたファッションブランド「ricori(リコリ)」の全店が同月15日をもって閉店し、運営会社である株式会社リゴレが自己破産することが明らかになってから、初めての公の場。大勢集まった報道陣の狙いは、この件に関する篠田自身からの生のコメントを聞くことだったが、現場は過剰なピリピリムード。「篠田に声をかけることすら禁じられた」(週刊誌記者)という。

「イベントは、当初から囲み会見が設けられておらず、トークショーとフォトセッションのみで、取材案内にも『関係のない質問をするのはNG』とハッキリ書かれていました。場所も表参道ヒルズ内の大階段だったため、篠田が階段の最上部、カメラマンや記者がその10段以上も下から取材という位置指定。報道陣にも最初から『これでは声を掛けても篠田に聞こえないかもしれない』とあきらめムードが漂っていました」(同)

 フォトセッション中は、カメラマンからの目線指示を聞こえやすくするため、会場のBGMが切られるのだが「その際『リポーターが篠田に質問をするのもNG』と、主催者側から事前にしっかり釘を差された」(同)という。

「質問したら『写真撮影を強制的に中止する』とアナウンスされ、かなりの厳戒態勢だなと思いました。篠田の所属事務所は、芸能界を牛耳るバーニングプロダクション直系で、藤原紀香も所属する『サムデイ』。この日も有名な関係者が報道陣一人ひとりをチェックするように見回っていましたから……。あの環境では、さすがに無茶をする媒体も出ませんでしたね」(同)

 この日の篠田のコメントは、トークショー中の「ボタニカル柄も、モノトーンだと大人っぽい」「スカーフとか靴とか、小物でボタニカル柄を取り入れるのもかわいいと思います」といった、ファッションに関するもののみ。そのため、芸能マスコミはネタに困り、現場の過剰な厳戒態勢について「ピリピリムード」などと報じるしかなく、ネット上での篠田バッシングは返って強まることに。「ricori閉店の裏には、やはり決して公にできない“何か”があった」ということだけが、広く知れ渡る結果となってしまった。

 AKB48を卒業する際、「ファッションの仕事がしたい」と公言していた篠田。今後再びファッションの仕事をする日は来るのだろうか?

肩書き「マリコさま」でいつまで食えそう?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  5. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  6. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  7. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  8. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  9. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  12. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  15. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  16. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  17. GENKING、元カレ質問で大失態
  18. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 煙たがられているゴリ押し若手女優

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  3. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  4. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  5. テレビとギャップありなジャニーズ

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー