猫の話しかしないんだって!

恋愛マスターと名高いテイラー・スウィフト、実は「かまってちゃんでつまんない女」!?

TaylorSwift03.jpg
テイラーもテラスハウスに入っちゃえば?

 モデルのような完璧なボディと美貌の持ち主である、歌姫テイラー・スウィフト。“高嶺の花”を絵に描いたような彼女だが、男運はあまりよくなく、これまで交際相手と別れるたびに、その相手から受けたひどい仕打ちを歌詞にしたためてきた。

 2008年に交際したジョナス・ブラザーズの次男ジョーとは、彼がミュージックビデオに共演した女優カミーラ・ベルに夢中になり、捨てられるという形で破局し、「Forever and Always」という曲で「彼は本気じゃなかった、不誠実だった」とファンに報告。10年には一回り年上のジョン・メイヤーと交際するもののすぐに破局し、「Dear John」で「よくも、うら若き娘のアタシの心をもてあそんだわね」とディスり話題に。10年の年末には、ジェイク・ジレンホールとラブラブ交際したものの、短期間であっけなく破局。ジェイクに処女を捧げたのに、誕生日を祝ってもらえなかったことにショックを受けたテイラーから別れを切り出したとゴシップされた。ジェイクは2011年に入ってから彼女と元さやに戻ろうと、何度となくアプローチをかけたそうだが、テイラーはなびかず、「We Are Never Ever Getting Back Together(私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない)」でバッサリと切った。なお、信頼できない男のことを歌った「The Last Time」もジェイクのことを歌っているとささやかれている。世界中から注目されたワン・ダイレクションのハリー・スタイルズとの交際も、「I Knew You Were Trouble」で容赦なくディスり、まさに元カレを血祭りに上げまくっている印象を世間に与えているテイラー。

 「別れた後に悪口を書かれたらたまらない」とおじけづいて男が寄ってこないのか、はたまた彼女の性格に問題があるのか。原因は定かではないが、ここしばらくテイラーにロマンスの話題がないのは紛れもない事実。深刻な男日照りが続いていると伝えられているのだが、そんな中、テイラーの元カレだという男性が、テイラーのことを「かまってちゃんでつまんない女」だと暴露したのである。

 米芸能誌「Star」最新号に掲載された記事によると、テイラーは「超かまってちゃん」で交際相手に寄りかかってくる恋愛依存タイプとのこと。このことを暴露したのは、過去数年の間にテイラーと数回デートをしたという一般人男性で、「テイラーはペットのネコの話ばかりする」「一晩中、愛ネコの話をし続けていた」とも明かした。ネコの話ばかりする彼女との時間はこの上なくつまらなかったとのことで、男性はこれ以上耐えられないとテイラーから遠ざかったそうだ。

 ペット好きなのは問題ないが、興味のない相手にその話題を一方的に話しかけるのでは恋愛はうまくいかない。「かまってちゃん」の上に、別れた途端に相手の気持ちを無視した歌詞を書き、その結果、男性陣から敬遠されるようになってしまったのでは? との見解を示すメディアもある。

 テイラー自身は、12年に受けた大手ニュースサイト「デイリー・ビースト」のインタビューで、「いい人のことは別に悪く書かないわよ。私の人生をメチャクチャにしたような男については、もちろん歌にするけど」と発言。実は彼女、高校時代に交際していた先輩については、「Tim McGraw」「Our Song」「Fifteen」で良い思い出として歌っており、先輩からも「懐かしいね。光栄だ」と感謝されている。12年夏にタブロイドをにぎわせたケネディ家の御曹司、コナー・ケネディについてもまだ歌詞にはしておらず、元カレ全員をディスっているわけではない。

 とはいえテイラーは、別れ際に「オレのことを歌にしないでくれよ」と言われたことがあると明かしている。付き合い始めはよいが、最後は修羅場になりがちなのは確かなようだ。今回報じられたように、「かまってちゃん」で「つまんない女」だから、恋愛がうまくいかないのかもしれない。

 先日、写真共有アプリ「インスタグラム」を通して、恋に悩むファンに「片思いこそが本物の愛」と意味深なアドバイスをしたテイラー。最近、美しさが増してきたといわれる彼女が、水面下で魅力的な男性に思いを寄せている可能性はなきにしもあらず。すでに情熱的な恋愛に突入している可能性だって、決してゼロではない。「かまってちゃんでつまんない女」報道を見返すようなテイラーの大恋愛を期待したいものである。

つまんないと思ってた人間の面白さを見つけるのが恋愛の醍醐味なのに

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク