SMAP『27時間テレビ』メドレーから見えたサウンドの一貫性とは? ポップな音楽性の源泉を探る

20131205-smap.jpg
『27時間テレビ』にて圧巻のパフォーマンスを披露したSMAP。

【リアルサウンドより】

 SMAPが7月26~27日にかけて放送された『武器はテレビ。SMAP×FNS 27時間テレビ』にて、同グループ史上最長となる45分のメドレーを披露し、大きな話題となっている。

 平均年齢39・8歳のメンバーが体力の限界に挑み、最新曲「Top Of The World」からデビュー曲「Can’t Stop!! -LOVING-」まで、計27曲をセレクトして披露した今回のメドレー。途中、中居正広が舞台裏に戻るなどしたものの、メンバーは全パフォーマンスを敢行し、ネット上では「最後までやりきった、すごい」「SMAPの底力を見た」「グループとしての結束に感動した」といった声が多数寄せられている。

『ジャニ研! ジャニーズ文化論』の共同著者であり、同グループに詳しいライターの矢野利裕氏は、今回のSMAPのパフォーマンスについて次のように語る。

続きはこちら

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク