地元カメラマンが撮影?

観月ありさ、愛の仏旅行スクープにヤラセ疑惑! ウラに恋人・青山光司の“結婚願望”

2014midukiarisa.jpg
観月ありさオフィシャルブログより

 観月ありさの「結婚報道」が出てから早3カ月。29日発売の「フラッシュ」(光文社)では、またしても交際中の実業家・青山光司氏とのラブラブ2ショットが掲載された。普通に考えればゴールイン間近と伝えられるところだが、どうも両者の交際には、結婚をまるで感じさせない“キナ臭さ”が漂っていると、マスコミ関係者の間でささやかれているという。

 同誌には、肩と腰を抱きながら歩く2人や、頬を寄せ合い笑顔を見せる正面からのカットなど、フランスのリゾート地を訪れた際の写真が多数掲載されている。

「まるでドラマの1シーンのようなショットばかりですよ。正直、どう見てもヤラセと思えるんですが。撮影したのは、地元のカメラマンとされており、『ラブラブだったかって? 写真を見ればわかるだろ(笑)』という証言も載っています」(芸能ライター)


 そもそも2人の交際は、東京スポーツで伝えられ、その後日刊スポーツにより、青山氏が都内に“10億円豪邸”を建設中として、年内結婚の可能性が詳報された。

「同紙は、2人が海外旅行から帰国した際にも、成田空港での2ショットを大々的に報じていましたが、これらは全て青山氏からの情報提供で記事化されたと言われています。なんとしても観月との交際を成就させたい青山氏は、あえて自分たちのデート情報をリークし、世間にも『公認のカップル』という印象を植え付けているというわけです」(週刊誌記者)

 一方で観月の方は、交際発覚後に親友のはるな愛が「(結婚は)ないって言ってた」と証言するなど、青山氏と添い遂げるつもりはないと伝えられている。一部女性誌では、観月の両親が青山氏との結婚に大反対しているという情報もあった。

「青山氏といえば、前妻である上原さくらとの離婚騒動時、各メディアに登場して上原の素行や『完全犯罪で夫を殺したい』といった爆弾発言を徹底暴露。その後上原は、不倫相手との“ラブホテル密会”をすっぱ抜かれていますが、これも青山氏のリークと言われています。青山氏のマスコミを使ったイメージ操作は今回も健在で、春先から次から次へと“結婚へ”と報じられているのはそのためです。しかしこうして執拗に外堀だけ固めていく手法が、本当に観月の心を掴むとは、少々考えにくいですが」(同)

 自分の願望を優位にするため、マスコミに情報を流しているのだとすれば、観月としても決して感心はしないだろう。黒い疑惑が渦巻く青山氏の執念が、果たして実を結ぶ日は訪れるのだろうか。

とんだキナ臭い案件をフランスに輸出してしまった

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. ムショ飯はうまいのか?
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 工藤静香、SMAP騒動に言及

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー