虎視眈々と狙ってた!

EXILE、大増殖化計画!? ハリウッド進出と少年少女の英才教育で、HIROが芸能界大改革か

2014hiro.jpg
HIRO公式プロフィールより

 「山本世界」から「EXILE 世界」へ……といったメンバーの改名が話題になっているEXILEだが、2013年をもってパフォーマーを引退したプロデューサー・HIROが、現在数年がかりの大プロジェクトを極秘裏に進行中という。すでにライブや音楽活動に見切りをつけているというHIROは、自身が代表を務める芸能プロダクション「LDH」に「国際事業部」を設け、現在ハリウッド進出を計画中のようだ。男性ユニットでは、ジャニーズ勢にも引けを取らない勢いをみせるEXILE勢だが、その売り上げの活用法とは?

「HIROの目論見は、ズバリ『次世代のスーパースターの育成』ですよ。まだ骨組みしかできていない極秘プロジェクトですが、すでに日本からアメリカのロサンゼルスに数人の10代前半の若手パフォーマーを送り込み、LDHの指揮の元“英才教育”を受けさせているようです。年間の予算は10億円以上というだけに、一部関係者の間で話題になっています」(広告代理店関係者)

 HIROは4月に新メンバーが加入した際にも、「未来をイメージして選びました」と発言しており、プロデューサーになってからは常に、数年先のEXILEをイメージして活動をしているという。しかし目指す先は音楽ではなく、映画やドキュメンタリーといった「映像作品」なのだとか。

「彼らの日常やレッスン風景なども撮影しており、デビューに向けて猛特訓中のようです。そして数年のレッスンを経て、日本に逆輸入という形で、新生EXILEメンバーとしてお披露目される予定なのだとか。また彼らのバックダンサーとして、現在国内でも帰国子女の有力株を募集中で、彼らは近々メディアにもお披露目される予定だそうです」(同)

 あまりにも壮大なプロジェクトだが、HIROの目指すものとは一体なんなのか。

「パフォーマー引退、また上戸彩との結婚後で公私ともに安定したため、これまでとはまるで違った手法で芸能界を活性化させたかったのでは。映像作品ではCDのような売り上げは見込めないし、利益よりも評価や実績を狙っているのは明らかです。裏方に徹した上で大金を投入し、少年少女の将来に期待を掛けるなんて、もはやご“隠居様”の発想ですね」(同)

 現在LDHには、スカウトをかけられた大手プロダクションのやり手マネジャーや営業マンが、このプロジェクトのため続々と集結しているという。果たしてどれほどの“未来”を生み出すのかはまったくの未知数だが、数年後の芸能界は、新生EXILEによって大きく書き換えられるのかもしれない。
(須田恭也)

とはいえ「EXILE 世界」はワールドワイドで笑い者だぞ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 『カウコン』意外な舞台裏
  5. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  6. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  7. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  8. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  9. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  10. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  11. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  12. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  13. キャラ変え好調の乙武洋匡
  14. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  17. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  18. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー