[ジャニーズ・メディアの裏側]

ジャニーズタレントの“黒塗り”写真がなくなる!? ウェブの画像使用緩和にマスコミは……

janisan02.jpg
ジャニーさんにもIT化の波が来た!

 ウェブ上への所属タレントの画像掲載に対して、厳しい規制を敷いていることで知られるジャニーズ事務所。以前は出演ドラマや映画の公式サイトでさえ掲載NGだったが、2008年頃から徐々に解禁。11年にはジャニーズ事務所の公式サイト「Johnny’s net」及び有料携帯サイト「Johnny’s web」での、タレントの画像が全面解禁となるなど、時代の波を鑑みてか、次第に規制を緩めている。そしてこのほど、新聞の「紙面ビューアー」(紙面をネット上にそのまま表示し、スマホやタブレットで閲覧できるサービス)での画像掲載も、ついに解禁されたことがわかった。

「これまでジャニーズタレントのインタビュー記事や、出演ドラマの紹介記事などに添えられていた写真は、紙面ビューアーだと写真掲載部分が黒塗りされているか、空白にされていましたが、これがそのまま見られるようになった。ジャニーズの著作権管理を行っている『株式会社アートバンク』から、正式に発表されました」(スポーツ紙記者)

 これはかなり大きな“改革”か……と思いきや、業界内での反応はそうでもない。

「あくまで一般紙大手5紙の紙面ビューアーのみでの適用で、紙面形式でないウェブ版では引き続き画像使用はNG。芸能ネタを多く扱うスポーツ紙は、紙面ビューアー機能の運用を始めていませんから、ぶっちゃけほとんど恩恵はないですね」(同)

 さらに、細かい規制もあっての解禁処置のようだ。

「例えば、SMAP・木村拓哉のNikonの広告など、企業側がお金を払って紙面に載せてもらう広告写真に関しては、引き続きNGで黒塗りになる。また、ジャニーズタレントの写真は1ページに原則3枚までなど、色々な規制があります。かえって面倒な印象が増したような気さえしますが、これがうまくいけばネットでの画像規制がどんどん解除されていくのではないか、と前向きに話しているメディア関係者もいます」(同)

 実際の“全面解禁”にはまだまだ時間がかかってしまいそうだが、少しでも多くの写真に触れる機会が増えることは、ファンにとってありがたい話。今後のジャニーズサイドの動きに期待していきたい。

顔じゃなくて服がイラスト処理という新手法登場

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  7. ムショ飯はうまいのか?
  8. 新春ジャニオタ放談
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  12. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  18. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  19. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  20. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 工藤静香、SMAP騒動に言及

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー