テレビ界の無頼派が陥落?

『5時に夢中!』がバーニング配下に!? 香里奈“ニャンニャン”騒動が生んだ“地獄絵図”

5jinimuchu.jpg
『5時に夢中!』(TOKYO MX)公式サイトより

 5月に「フライデー」(講談社)が報じた香里奈の「大股開き写真」によって、人知れず『5時に夢中!』(TOKYO MX)がトラブルに巻き込まれていた。番組内で香里奈の写真を紹介したことが、香里奈所属の芸能プロダクション・テンカラットの逆鱗に触れてしまい、“落とし前”を要求されていたのだ(既報)。

「テンカラットのK社長は、連日TOKYO MXに電話をかけ、番組の終了やプロデューサーの更迭などを要求していました。ところが7月には、この“鬼電”攻撃はストップしていたようです」

 こう明かすのは、TOKYO MXに出入りする某芸能プロダクションの幹部。同氏は『5時に夢中!』に大きく関わっており、また自身も同番組のファンを自称するだけに、K社長の八つ当たり的な報復には疑問を感じていたという。

「香里奈側によるTOKYO MXへの“圧力”はネット上でも話題になっていました。番組出演者などの話を総合すると、後ろ盾である『バーニングプロダクション』総帥の周防郁雄氏が、仲裁役を買って出たようです。周防氏とK社長はTOKYO MX幹部と会談して、『今後は協力しあっていこう』と和解したといわれています」(同)

 一説には「フライデー」は香里奈のさらなるスキャンダル写真を所有しており、K社長はその怒りの矛先を『5時に夢中!』に向けていたともいわれている。しかし周防氏の登場によって、番組終了危機は免れたものの、今後『5時に夢中!』には別の試練が待ち構えているようだ。前出の幹部が続ける。

「バーニングと手を組むということは、つまり今後『5時に夢中!』のキャスティングや内容に関して、口を出される可能性があるということです。以前であれば、バーニングからまったく相手にされていなかったTOKYO MXですが、今後はキー局と同じような扱いになるでしょうね。これまでは貫かれてきた『面白ければ何でもアリ』のスタンスが、失われてしまわないことを願うばかりです」

 マニアックなキャスティングや企画によって、いまや業界内にも多数のファンを擁する『5時に夢中!』。芸能界の大きな波に取り込まれることなく、これまでと同じスタンスや番組作り、そしてジャーナリズムが失われないことを祈りたい。

あーこりゃミヤネの事務所からアナが送り込まれんな

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク