今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

EXILEを年配者目線に下ろして供覧に付した、明石家さんまの「功績」

EXILE_1-a.jpg
ちらほら慰問じゃない方もいらっしゃいますが

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎ジジババお披露目会
 集まったメンバーを見渡した第一声が、「刑務所の慰問かと思った」であった、EXILEゲストの『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)。非ファンの抱くEXILEに対する感覚を見事に言い表した一言であると思う。たけしはEXILEが大勢集まっているような場を仕切ることはもうないし、爆笑問題だと微妙にまだ生臭いし。嫌味でも敵意でもなく、こう言って文言通りの意味に取ってもらえるのは、今はさんまだけかも。

 通常のテレビ番組においての「EXILEメンバー登場!」とは、メンバー及びファンの価値観に沿った企画が放送されますよ、というナレーションなのであるが。「さんま御殿にEXILE登場」は違う。さんま(非ファンでさらに年配者)の視点からの「EXILE」が剥き身で晒されるということなのだ。

 「ゆーえすえー?」「ねすみす?」という、名前へのツッコミ。「ボディウェーブ踊られながら(女性に)誘われると弱いッスね」等のスタンスの発露。「ボクは刃牙です」「ボク、ゲームっす」と、単語で終わるマイルドヤンキー独特の会話力。メンバー内の結構な年齢格差。結界抜きの彼らは、もういろんなことが露呈しまくりなわけである。あー。そりゃあコレATSUSHIは出ないわな。でも非ファンが一番見たいのは「結界なしのATSUSHI」なんだが。惜しい。

◎来月一挙放送あります
 「MOZU? ねえこれMOZU?」とちょっと思ってしまった「韓国沈没船オーナー遺体で発見」のニュース。いやー、『MOZU』(TBS系)の文法で行くと生きてるねアレは。絶対。北朝鮮経由でアフリカかなんかで。別に『MOZU』の文法で行く必要はないのだが。ちょっとあまりにも『MOZU』っぽい展開だったのでつい。

 そんな『MOZU』も終わったわけだが。ひっそりと。毎回何が楽しみって、「予告編」が一番面白いという、変わったドラマであった。「大風呂敷とはこう広げよ」という、ある種の哲学さえ感じて、「予告編>本編」なのはわかってるのに、ついWOWOWまで入っちゃうという「MOZU MOZU詐欺」の被害にも遭ったしな。退会退会と。そんな矢先にあの「遺体発見」である。もしもこれが『MOZU』だったらぁ、と、ついエア予告編を脳内編集してしまう。ドラマ終わっちゃったけど、予告編だけはずっと放送し続けてほしい。本当に、変わったドラマだった。

◎ギリ、モード系
 いやぁ、いいモン見っけたな。浅田姉妹の『アナと雪の女王』。いつもは使いづらいお姉ちゃんもセットで活用できる、これ以上ないワンアンドオンリーなプログラム。十八番入り間違いなし。「これあるし、いっか」で引退の算段が早まったりしかねないレベルの鉄板モノである。ま、結論はありのままで。しかし、浅田真央の新ヘアスタイル、あれはどうなんでしょ。ボブはいいんだけど。髪を切ったウキウキを表現したい、でも顔にかかっちゃうと演技がしにくい。で、落としどころとして、「極太ターバンでまとめる」という解決策。ま、オフをエンジョイする真央ちゃんも日本の至宝ですから。「そのバンダナださいね。ふかわりょうみたい」と声に出してツッコめる者はなかなかいない。でもあれ、ホントに昔のふかわりょうみたい。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)など。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク