朋ちゃん、どーした!

「2日前に失恋」を告白! 華原朋美、関係者の胃をキリキリさせる再びの“病み”兆候

2014kaharat.jpg
華原朋美公式ウェブサイトより

 明治天皇の玄孫・竹田恒泰氏との熱愛騒動が収束してから、すっかりと鳴りを潜めてしまった華原朋美だが、先日、主題歌を担当した映画『喰女―クイメ―』のPRイベントに登場し、「つい2日前に失恋した」と告白。取材陣からは笑いも起こっていたというが、事務所関係者はこの発言に胃を痛めていたようだ。

 交際秒読みといわれていた竹田氏が、実は元AKB48の畑山亜梨紗を“二股”にかけていたことが発覚した後、華原は「あの出来事はいったいなんだったんだろうね」と、被害者モードに徹していた。一方の竹田氏は雲隠れを続けており、畑山の方が「プロポーズを期待している」と週刊誌でアピールする始末だった。

「この時点で華原は、『自分はもうこの騒動に関係ない』というスタンスに切り替えていましたが、やはり心のダメージは相当大きかったようです。次第にマネジャーら事務所関係者と連絡がつかなくなることも増え、現在では定期的に、華原の自宅マンションにスタッフが“見回り”に訪れている状態なんです」(週刊誌記者)

 華原が一時期表舞台から姿を消したのは、精神面の不調にほかならない。交際相手への依存や薬物中毒疑惑などを経て、華原は2012年、ようやく表舞台への復帰を果たしたのだった。

「そこへきて、竹田氏から売名目的としか思えない形で言い寄られたわけですからね。今回のイベントでも、『ちょっといい人がいて真剣に(交際を)考えてたんですけど、暑すぎてアイスのように溶けちゃいました。つい2日前に』と発言して、現場では笑いも起こっていたようですが、事務所関係者からすれば『また余計なことを言って……』と、内心気が気じゃなかったはずですよ」(同)

 過去のスキャンダルから立ち直り、ようやく芸能界に復帰した華原だったが、またしても異性トラブルで元の生活に逆戻りとあっては笑い話にもならない。現在は本業である歌手活動に専念する環境を整え、今年こそ念願の『NHK紅白歌合戦』再出場を果たしてほしいものだ。

竹田クンのせいで傷つくのが一番ダサいよ!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

「2日前に失恋」を告白! 華原朋美、関係者の胃をキリキリさせる再びの“病み”兆候のページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! AKB48・畑山亜梨紗・竹田恒泰・芸能ウラ情報・華原朋美のニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. 成宮寛貴、“友人A氏”の意外な今
  2. アレク、不倫カーセックス写真は序の口!?
  3. 『東京タラレバ娘』最終回にクレーム!?
  4. ベッキーにスタッフ怒りのワケ
  5. “クズすぎる男性タレント”暴露
  6. 山本裕典、最上もがをお持ち帰り!?
  7. 伊藤英明、異例セックス写真掲載のワケ
  8. 渡辺直美に見る「女の生きづらさ」
  9. GACKTの“男性器”は改造しまくり?
  10. NEWS・小山、ソロ曲歌詞で大荒れ
  11. 山本裕典、ベッド写真流出に新展開
  12. 山本裕典は、前田敦子の“最初の男”!?
  13. キスマイ・横尾、北山批判発言で波紋
  14. 神木隆之介『3月のライオン』大コケ
  15. misono、ブログでノロケまくり
  16. 1月期ドラマのワースト&ベスト
  17. 「婦人公論」に、内村母・杉山母が登場!
  18. 『VS嵐』女子アナ出演で炎上
  19. セックス写真流出疑惑の女子アナは今
  20. 親が離婚した子の「幸せ」とは?

ジャニーズの人気記事

  1. NEWS・小山、ソロ曲歌詞で大荒れ
  2. キスマイ・横尾、北山批判発言で波紋
  3. 『VS嵐』女子アナ出演で炎上
  4. マンガ『ヅャニーさん』38回
  5. 『A LIFE』視聴率、メリーの評価は?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」に、内村母・杉山母が登場!
  2. 親が離婚した子の「幸せ」とは?
  3. 愚かなお笑い芸人化した東村アキコ
  4. 「GINGER」流“隙のある女子”とは
  5. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う

海外ゴシップの人気記事

  1. キム、パリの強盗被害を生々しく語る
  2. ジェーン・フォンダ、番組にバイブ持参
  3. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと
  4. ウィリアム王子のダンスがダサすぎ!
  5. 「残念」な2世セレブたち