[官能小説レビュー]

セックスで育てる女は“母”と重なる? 『そして二人は性の奴隷に』に読む、男の哀しさ

セックスで育てる女は“母”と重なる? 『そして二人は性の奴隷に』に読む、男の哀しさ

 生まれてから、誰よりも近くで自分を育ててくれている母を「一番愛しい女」という男は少なくない。まるで絶対崇拝のように母を語る男を見ると、「どんな女であろうと母の座に座ることはできないんだろうな」と思ってしまう。しかし逆手に取れば、そんな男の母親崇拝は、男を落とすための最強の武器となるのではないだろうか。今回ご紹介する『そして二人は性の奴隷に』(KADOKAWA)にも、そんな女が登場する。...



オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

セックスで育てる女は“母”と重なる? 『そして二人は性の奴隷に』に読む、男の哀しさのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! そして二人は性の奴隷に官能小説レビュー草凪優のニュースならサイゾーウーマンへ!

オンナの[裏]掲示板人気トピック