イメージ悪化は避けられない?

土屋アンナ、W不倫報道! 「息子との4ショット」を撮影されて窮地に!?

2014tuchiyaan.jpg
土屋アンナオフィシャルサイトより

 主演予定だった舞台をドタキャンしたことにより、制作サイドから3,000万円の賠償金を求める裁判を起こされている土屋アンナだが、今度は「W不倫」疑惑が報じられた。25日の「フライデー」(講談社)によると、土屋は知り合ったばかりの販売会社を経営する既婚男性にぞっこんとなり、すでに自分の母親にも紹介済みだという。周囲の関係者には「近いうちに不倫にケジメをつける」と話しているというが、さすがに今度ばかりは世間も敵に回してしまう可能性が出てきた。

 記事には、土屋の2人の息子との4ショットも掲載されており、親密さがうかがい知れる。同誌の取材に、土屋の所属事務所は「男性は遠い親戚」と回答しているが、2009年にスタイリストの菊池大和氏と再婚している土屋だけに、関係者の証言が事実とすれば、完全に不倫となる。

「舞台の裁判騒動は双方とも譲らずのままですが、舞台のプロデューサーが原作者の意向を無視していたことが明るみになり、次第に『悪者は制作サイド』という認識が広まることに。世間的は、仁義を通そうとした土屋への支持が、圧倒的となっていました」(芸能ライター)

 とはいえ、裁判中というだけに、土屋のテレビ出演などの機会は確実に減っていた。

「テレビ局によって、さじ加減は違いますが、被告となった時点で原則的に起用が全面NGとなる局も存在します。土屋の扱いはややグレーゾーンといったところですが、やはり係争中というだけで仕事は限られてしまっています」(広告代理店関係者)

 また11年には、菊池氏の暴行・逮捕が報じられている。

「菊池氏は六本木のカラオケ店で受付カウンターを蹴り壊し、男性店員に怪我を負わせた上に、駆けつけた警察官の無線機を奪い取ろうとしたなどで、器物損壊、傷害および公務執行妨害で逮捕されています。しかし、舞台の裁判の時も夫の暴行事件の時も、ネット上では土屋には同情の声が多かったですね。そんな彼女だけに、不倫によってイメージが暴落する可能性もありますね」(前出・ライター)

 クリーンさが求められる現在の芸能界にとっては、完全に異端の存在である土屋。しかし本人にとっては自分の道を突き進んでさえいれば、それでいいのかもしれないが……。

現・旦那が問題ありすぎて何も言えねぇ~

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  4. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  8. 『カウコン』意外な舞台裏
  9. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  10. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  11. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  12. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  13. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  14. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  15. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  18. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 嵐・松本に「またAV女優」と幹部激怒!?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー